• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

倉科カナ「生きづらい世界を楽しくするのは自分自身」兵庫発地域ドラマ『あったまるユートピア』1・24放送

『あったまるユートピア』 兵庫発地域ドラマ『あったまるユートピア』(BSプレミアム)が1月24日(水)に放送される。今月17日に行われた試写会には、倉科カナ、堀春菜、アヤカ・ウィルソン、渡部豪太、前野健太が出席した。

 本作は、志賀直哉の生と死の文学「城の崎にて」をモチーフに、自分の夢や居場所を見失ってしまった3人の女性たちが生きづらい世の中をユートピアにするための答えを見つけていく姿を、志賀が「城の崎にて」を執筆した城崎温泉のある兵庫県豊岡市を舞台に描く。

 幼いころに阪神・淡路大震災で両親を亡くし、神戸から移り住んだ豊岡で鞄職人を目指す主人公・鷹宮伊織を倉科、城崎温泉にある旅館の一人娘の高校生・城殿蓮を堀、世界的なダンサーの妻・ララをアヤカ、城崎の魚屋の一人息子・勝岡遊人を渡部が演じる。

 主人公・伊織役の倉科は「不思議な作品が出来上がりました。(ドラマで描かれるのは)重い現実と突然の幻想です。でも、命のきらめきというか日々のきらめきがたくさん詰まっているので、この作品を見て何か残ればうれしいです」と作品をPR。

 続けて「作品を見たことで終わりではなくて、見終わったあとにもずっとそっと近くにいてくれる作品」(堀)、「すごいメッセージ性が強くて見終わったあとに、一人ひとり、見た人が感じるものは違うんじゃないかなと思うような作品」(アヤカ)、「ドラマというよりドキュメンタリーのような作品です」(渡部)と説明した。

 主題歌「いのちのきらめき」を担当する前野は、脚本を読み、「魚や牛の命をもらって自分たちが生きるということが当たり前になっているけど、『魚や牛からしたらどんな気持ちでその命を差し出しているのか』という問いがありました」と感想を語った。

 また、「そもそも命を差し出しているっていう感覚すらないのではないか。答えがなくて、自分もわからないので、『どうして?』っていう問いで答えていくように曲を作りました」と楽曲誕生までの経緯を明かした。

 ドラマのクライマックスには、城崎国際アートセンターで地元の高校生たちと出演者が踊るダンスシーンも登場する。倉科が「(ダンスに)向いていない事に気付きました」と苦笑いする中、渡部が「みんなで決めるシーンで倉科さんが間違えまして…」と倉科の失敗を暴露。倉科が「そんなことありました!?」と声を上げると、渡部は「そこは女優さん、そのあと“スッ”とやっています」と必死にフォロー。

 だが、倉科は「私思ったんです。この作品は踊らなくていいんです!生きづらいこの世界を楽しくする(ユートピアにする)のは自分自身なんです!」とヒートアップ。作品と絡めた倉科のこの熱弁に、共演者を始め、同席した酒井悠監督も思わず「そうです」と深く頷いていた。

『兵庫発地域ドラマ「あったまるユートピア」』は1月24日(水)BSプレミアムで後10時から放送。

『兵庫発地域ドラマ「あったまるユートピア」』
1月24日(水)後10・00~10・59 BSプレミアム
番組ホームページ:https://www.nhk.or.jp/kobe/utopia/

<STAFF&CAST>
脚本:渡部亮平
制作統括:京田光広
演出:酒井悠
出演:倉科カナ、堀春菜、アヤカ・ウィルソン、渡部豪太ほか

©NHK

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える