• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

卓球・張本智和が『ビートたけしのスポーツ大将』に緊急出演!妹は兄を上回る才能!?

©テレビ朝日

©テレビ朝日

 卓球の張本智和が、2月4日(日)放送のテレビ朝日系『ビートたけしのスポーツ大将』の3時間スペシャル(後6・57)に出演する。

 同番組には11歳のころから出演している張本。今回は直撃取材に応じ、両親いわく兄より卓球のセンスがあるという妹・美和さんについてや、全日本選手権を史上最年少の14歳6か月で制した喜び、さらに東京オリンピックへの目標をスタジオのビートたけしやナインティナインに向けて語る。
 
 この日は「卓球対決」に水谷隼、吉村真晴、加藤美優、木原美悠が参戦し、天才キッズチームと団体戦で激突。美和さんも天才キッズチームに加わり、加藤とガチンコ勝負を繰り広げる。

<張本智和 コメント>

 日本選手権優勝は時間が経つにつれて実感が涌いてきて、今はうれしいという気持ちが一番強いです。自分の実力が出せれば優勝のチャンスもあるとは思っていましたが、本当に出来るとは思っていませんでした。ただ勝ち進むうちに自分のプレーも良くなっていったので、準々決勝あたりから優勝できるかも、という思いはありました。
 水谷さんは全日本をずっと優勝されてきた方なので、自分が思いきってやるだけと思っていました。それが出来ましたし、いつもより少し上のプレーが出来たので満足できました。

 妹のいいところはバックドライブが打てるところ。ただミスをしたときに焦ってしまうところが弱点かと。フォアドライブとか基本的なことはだいたい出来るのでミスが少なければもっと勝てると思います。今回の加藤美優さんとの試合も強いボールをミスせずにどれだけ打てるかで勝敗が決まるでしょう。
 ただ、加藤さんは去年の世界選手権にも出場して勝っていたので強い選手だと思います。本気でやれば普通に加藤さんが勝つと思います。

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真