• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「まだまだ知らない世界がある」『世界遺産』で“日本初撮影”映像を2か月連続で放送

©TBS

©TBS

 番組の取材力や、最新の技術を駆使して撮影された美しい映像が高い評価を受けている『世界遺産』(TBS系 毎週(日)後6・00)で、“日本初撮影”の映像が2月18日と3月25日の2か月連続で放送される。

 2月18日の放送では、2015年に世界遺産に登録されたイランの文化遺産「メイマンドの文化的景観」を特集。普段はなかなか取材にいくことが難しいイラン。2000年以上変わらず洞窟で生活を続けているイラン高原の遊牧民にスポットを当てて取材するのは今回が日本初。誇り高い遊牧民たちの驚くべき生活の一部に密着する。

 3月25日の放送では、西アフリカのコートジボワールに残された広大な熱帯雨林「タイ国立公園」を紹介。このエリアに生息する、絶滅が危惧されているチンパンジーたちが器用に道具を使っている様子を撮影することに成功。この映像も日本のテレビでは初撮影となる。

<堤慶太プロデューサー コメント>
2015年に「メイマンドの文化的景観」は世界遺産になったのですが、その審議を傍聴している時に『これは面白そう。ぜひ撮影したい』と思いました。それから2年がかりで撮影にこぎつけました。世界にはまだまだ知らない世界があることを実感させてくれる所です。ぜひご覧ください

<石渡哲也ディレクター コメント>
イランに行くのは初めてでした。しかも、テヘランやエスファハーンなどのメジャーな場所ではなく、聞いたこともない、秘境ともいえるメイマンド。村で最初に出会った36歳の男性・マスィードさんは「何しに来たの?」という顔をしていましたが、洞窟の自宅に案内してくれました。日本から来た事、番組の趣旨などを説明すると、快く取材協力を約束してくれました。彼の人柄は、素朴でまじめ。もしかしたら、彼だけは特別なのでは…と思ったのですが、翌日から、会う人あう人、いい人ばかり。「イランは、良い国だな」という印象を持ちました。イランでは、“ありがとう”を“メルシー”と言います。「フランス語と一緒ですね」と言うと、「イランは古い国です。フランスが真似したんでしょ」と言われました。

『世界遺産』
TBS系
毎週(日)後6・00

2月18日放送
イラン「メイマンドの文化的景観」

3月25日放送
コートジボワール「タイ国立公園」

<出演者>
ナレーション:杏
音楽:大橋トリオ

©TBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える