• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

森三中・黒沢かずこの熱唱に子供たちポカーン…『きかんしゃトーマス』初日舞台挨拶

『映画 きかんしゃトーマス とびだせ!友情の大冒険』『映画 きかんしゃトーマス とびだせ!友情の大冒険』の初日舞台あいさつが行われ、ゲスト声優として出演した森三中の黒沢かずこ、村上知子、大島美幸が登壇した。

 森三中の三人が声優としてそろって映画に出演するのは、大島さんの出産後初となり、3人そろっての声優は5年ぶりとなる。黒沢演じる“レキシー”と村上演じる“セオ”は、トーマスが冒険の途中で出会う実験用機関車。また、トーマスが旅の途中で迷い込む製鉄所で働く“フランキー”を大島が演じる。

 黒沢は「母性のあるレキシーという役をやらせてもらって、どこにぶつけていいのか分からなかった私の母性をこの作品に注げてよかったです!」と演じた感想を語った。

 村上は「男の子の役だったので自分の声がはまるか不安でしたが、とてもかわいらしいキャラクターだったので、そのかわいらしさを出せたら良いなという思いで演じました」と。

 大島は「息子がトーマスの大ファンだったので、この作品に参加させていただいてとてもうれしかったのですが、トーマスの世界観を自分が壊してしまったらどうしようという不安もあり、アフレコの前日はあまり眠れなかったです」と明かした。

 4月ということで、これから楽しい生活が待っている子供たちへの応援メッセージを求められると、黒沢は「お友達は困っている時は、積極的に助けてあげてください!お互い助け合える友達を多く作ってほしいなと思います」と。

 村上は「時にはお友達とケンカする事もあると思いますが、気持ちをぶつけられる友達がいるというのは、とても素敵なことだと思います。ケンカも乗り越えられるような、深い友情を築いていってほしいと思います!」、大島は「今回のエンディングテーマで『みんな集まって、助け合おう♪』という歌詞がありますが、本当にそのとおりだと思います。周りのお友達が困っていたら、トーマスと仲間たちのように、みんなで協力して助け合ってくださいね」と呼びかけた。

 自身の子供の反応を聞かれた村上は「普段からトーマスのアニメはよく見ているんですが、落ち着いたら今回の映画を親子で見に行きたいと思っています!私がセオ役をやっていることを子供も分かっているので、映画を見て子供からどんな反応がかえってくるのか楽しみにしています!」と。

 大島も「トーマスのお仕事をする事を息子に報告したら、最初はよく分かっていないようだったんですが、徐々に理解してきたみたいです。DVDよりも映画館の大きなスクリーンで見せたいなと思っていたので、劇場で子供と見るのを楽しみにしています」と語った。

 ここで、普段から大島、村上の子供をあやすために歌を披露しているという黒沢が「千の風になって」の歌パフォーマンスを披露。黒沢は「大島さんと村上さんの子供は喜んでくれているのか分からないんですが、私が帰ったあとも『かっちゃん(黒沢)の歌うたって』って言ってくれてるみたいです(笑)」と明かした。

 最後に「今回の映画では『友情』がテーマになっています。これを見た子供たちには、トーマスと仲間たちのように、いつまでも友達と仲良しでいられるようになってもらいたいです」(黒沢)、「子供だけでなく、大人が見てもメッセージ性のある物語だと思います。子供が困っている時に、こんな風に言ってあげたらいいんだなと勉強にもなると思うので、ぜひ親子で二度三度見に来て欲しいと思います」(村上)、「保育園、幼稚園のお友達に『トーマスの映画、すごく面白かったよ』と伝えてもらって、その友達とまたトーマスを見に来てくれたらうれしいです!お友達と一緒に、トーマスの話題で盛り上がってくれたらいいなと思います」(大島)とそれぞれメッセージを送った。

『映画 きかんしゃトーマス とびだせ! 友情の大冒険』
上映中

公式サイト:http://movie2018.thomasandfriends.jp

提供:ソニー・クリエイティブプロダクツ
配給:東京テアトル
配給協力:イオンエンターテイメント

©2018 Gullane(Thomas)Limited.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える