• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

アンジャッシュ児嶋、『おっさんずラブ』でロックな兄貴役を熱演「長渕剛さんを意識」

(C)テレビ朝日

(C)テレビ朝日

 アンジャッシュの児嶋一哉が、田中圭主演のテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ』(4月21日スタート、(土)後11・15)にレギュラー出演する。

 女好きだがモテない主人公・春田創一(田中)が、“おっさん上司”の黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と“イケメンでドSな後輩”の牧凌太(林遣都)から告白されるラブコメディ。児嶋は、春田の幼なじみの荒井ちず(内田理央)の兄である居酒屋店主の荒井鉄平役。春田とちずの仲を応援し、度々お節介を焼いてはちずにウザがられてしまう役どころだ。

 児嶋は、「タイトルを見て“何じゃ、このドラマ”と思いましたが、台本読み始めたら面白くて止まらなくなりました」と作品に惚れ込み、ノリノリで撮影に参加。田中、内田ともすぐに馴染んだようで「“もう何回も撮影したっけ?”というくらい、自然な空気でした」と振り返った。

“ロックな男”という一面を表現するため、頭に黒いターバンを巻き、ド派手シャツ&ハードなネックレスを着用して熱演。大の長渕剛ファンの児嶋らしく「長渕剛さんを意識してる部分がある」。アコースティックギターで弾き語りをするシーンもサラリとやってのけ、「長渕剛さんの歌のギターコードを見て、その場で歌ったりして、練習しているんです」と明かした。さらに、視聴者へ向けて「ぜひ見てねー」と呼びかけている。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える