• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

岡井千聖、“家電芸人”品川祐に「電気おじさん」

『チャンスの時間』 無料インターネットテレビ局・AbemaTVの「AbemaSPECIALチャンネル」で、千鳥がMCを務める『チャンスの時間』が4月24日に放送された。

 この番組は、誰もが「言われてみれば気になる」と感じる身近にあふれるさまざまな疑問を、MCの千鳥の2人と一緒に“クセの強い対決”で、実際に検証し、真実を明らかにしていくバラエティ。株式会社サイバーエージェントが運営する予想投票サービス「SUPERCHOICE(スーパーチョイス)」と連動し、視聴者が対決の結果を予想し、投票できる企画も実施する。

 4月24日は、前回に引き続き、対決を見届けるゲストに岡井千聖が登場。最初の対決“こんなところで!?アイドルズボン早脱がし対決”では、グラビアアイドルたちが集結し、マネキンのズボンを誰が一番早く下ろせるかを競い合った。

 この対決に名乗りをあげたのは、倉持由香、青山ひかる、経験人数が“500人”の鎌沢朋佳の3人。最初にチャレンジした倉持は「Abemaの対決では負けられない」と意気込んでスタート。順調にズボンを脱がしていく倉持は、当初ルールにはなかった公式審査員の村西とおるからの“ムチャぶり”も見事にこなし、1分27秒でゴール。次にチャレンジした青山は「まだ経験がないから、脱がせたことがない」と答えつつも、持ち前のガッツを見せ、1分2秒という好タイムを叩き出した。1位予想だった鎌沢は1分18秒という結果となり、優勝は青山に決定した。

 予想以上に下ネタ満載となったこの対決に、岡井は「もうね、ファンに告知できない!前回は仕方なくしたけど、今回はしないよね!」とコメント。大悟が「岡井ちゃんも(この対決に)参加してもいいんやで?」と振ると、岡井は「するか!やだわ!」と即答し、スタジオの笑いを誘った。

 番組の中盤では、新宿歌舞伎町のナンバー1ホストの座をかけ、“チームショコラ”と“チームDears~13~”のホストたちが集結し、お客さんの女性にLINEを送信し、先に返信が来たチームが勝利となる“太客LINE返信バトル”や、頭上から降ってくるお札を箸でつかみ取る“10万円箸つかみ対決”“炭酸ドリンク早飲み対決”を行い、スタジオには大爆笑が起こった。

 最後に行った“エンドレスチャレンジ!先輩テレフォンぶつ切りアタック”では、千鳥の2人が直接対決。この対決では、ノブと大悟が先輩芸人へ順番に“電話をかけては切って”を繰り返し、制限時間3分間のうちに何回電話を切ることができるかを競う。最初に挑戦したノブは「優しい方いきます」と語り、野性爆弾のロッシーを選択。この決断に、大悟と岡井は「絶対怒らないじゃん!優しそうだもん」と語り、ノブも「多分切れたら、かけてくれる」と話し、早速電話をかけることに。スタジオの予想どおり、ノブが何度電話を切ってもかけ直してくれるロッシーに、スタジオからは「優しい」という声が飛び交った。

 次にチャレンジした大悟は「これは見ている人が“ピリつきたい”んでしょ?ほんなら、いまだに後輩をぶん殴ってくる品川さん」と語り、品川庄司の品川祐を選択。スタジオの空気が一気にピリッとする中、品川の機嫌を伺いつつ、何度も電話を切った大悟がノブの記録を超え、勝利を勝ち取った。大悟は、品川に再び電話をかけ状況を説明すると、「俺風邪ひいて、1人で暗い部屋にいるんだぞ」と、いつもより元気がない品川。岡井が「電気おじさんじゃないですか、空気清浄機ちゃんと付けてます?」と質問すると、品川は「電気おじさんってなんだよ、家電芸人だろ?」と答え、熱があってもきちんとツッコミを入れる品川に、スタジオは笑いに包まれた。

 対決を終えたノブが「岡井ちゃんもやってよ」と伝えると、岡井は「私は中澤裕子さんだったり、藤本美貴さんだったりに、絶対こんなことできない!絶対無理!」と拒否。先輩の中澤に対し「やっぱり怖いですよ、小学生の時からガチで怒られてましたから」と当時のエピソードを明かした。

5月1日(火)放送回の対決内容
「アイドルのために命を賭けろ!アイドルオタク真剣勝負!」
「アダルト自販機早買い対決」
「罰ゲーム回避 入札対決」

AbemaTV『チャンスの時間』
放送日:4月24日(火)深0時~1時
放送チャンネル:AbemaSPECIAL

MC:千鳥
ゲスト:岡井千聖
進行:西澤由夏

過去放送URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/A5qPbJrqH6HVfd

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える