• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

香港、中国で活躍する葉山ヒロが『モンテ・クリスト伯』で日本の連ドラ初出演

葉山ヒロ ディーン・フジオカ主演の木曜劇場『モンテ・クリスト伯‐華麗なる復讐‐』(フジテレビ系)に、香港、中国で活躍する俳優・葉山ヒロが出演することが決定。5月24日(木)放送の第6話から登場する。

 葉山は、京都府出身で、現在は香港・中国を拠点に活動。台湾旅行時にスカウトされ、現地でモデルとして活躍し、CM出演も果たした。台湾に2年半滞在後、香港のジャッキー・チェンの事務所「JCグループ」にスカウトされ移籍。8年在籍ののち、現在は、独立して中国で自ら製作会社を持ち、映画のプロデュースを行うなど、俳優以外にも幅広い活動をしている。

 日本の連続ドラマに出演するのは今回が初めてで「昔日本の撮影現場を拝見した事がありましたが、すごく緊迫した雰囲気で楽しくなさそうな感じと、海外生活20年で私本人が関西弁しか話せないため、日本のオファーは断り続けましたが、初めて日本の撮影チームが海外っぽくて出演者にとっては仕事しやすい環境に感激しております」と語っている。

 葉山が演じるのは、真海(ディーン・フジオカ)のかつての親友で、現在は人気俳優になっている南条幸男(大倉忠義)の過去を知る謎の香港マフィア・ダニー・ウォン。劇中では広東語と日本語の両方のせりふを操る。

 葉山は、出演オファーが来た時の心境を「香港・中国・台湾で芸能業界20年を経て偶然の帰国のタイミングでオファーを頂いたことに感謝の一言です。脚本を読ませていた際、とてもとても面白い内容だったことと、香港人役というのも僕にぴったりの役柄で今回はとてもうれしいです」と。

 ディーン・フジオカについては、「フジオカ君の日本での活躍を海外で知り、正直にうれしいのと彼のブレイクを生かし、もっとこの先海外で活躍している日本人が国内で海外のノウハウを伝え、日本の芸能界が逆に海外で幅広く活躍できることを願っております」と語っている。

 また、葉山演じるダニー・ウォンと同じく幸男の過去に絡むショーン・リー役として、台湾を中心に活動し、海外CM出演は40本以上を数える日本人俳優・ジョー ナカムラの出演も決定している。

木曜劇場『モンテ・クリスト伯‐華麗なる復讐‐』
フジテレビ系
毎週(木)午後10時~10時54分

出演者:ディーン・フジオカ 大倉忠義 山本美月 新井浩文 高橋克典 他

番組公式HP:http://www.fujitv.co.jp/MONTE-CRISTO/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える