• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

片寄涼太、1st写真集の出来栄えに自信満々!「どこを切り取っても“王子”」

片寄写真集

 GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太が1st写真集「グッバイ、ホワイト」を8月7日(火)にリリース。囲み取材と発売記念イベント(ハイタッチ会)が行われた。

 本書は日本・中国の同時敢行を皮切りに、アジア8エリア(台湾、シンガポール、香港、マカオ、バンコク、クアラルンプール)で順次発売。“ファッション”を軸とした片寄のこだわりが詰まった渾身の1冊となっており、さまざまなシチュエーションの中で、片寄自身がファッションを思考し個性を表現している。

 タイトルである「グッバイ、ホワイト」は、GENERATIONSの楽曲も手掛けている作詞家・小竹正人が考案。片寄は「小竹さんには、10代の頃からすごく可愛がっていただいていて。自分が歩んできた道みたいなものも知ってくださっている方なので、“初めての写真のタイトルをいただけませんか?”と生意気ながらお願いさせていただきました」と経緯を説明した。

 撮影は昨年の9月頃に都内各所で行われた。「そんなに肩に力も入らずに、すごく自然体な感じで撮影できました。撮影期間も2日間くらいだったので、サクッと撮りました(笑)」と撮影を振り返ると、「小竹さんにも詞をたくさん書いていただいてるんですけど、“きっとみんな、小さな嘘で自分を鎧いながら生きている”とか、そういったドキッとするような詞が写真に載っているページが結構お気に入り」とお薦めポイントをPR。

 そして、出来栄えを問われると「これはどっちなんだろう…(笑)」と困惑しながらも、「小竹さんにもこうやって言葉をいただいて、自分にとっては宝物みたいな写真集になったので、自信満々の100点満点です!」と笑顔。「どこを切り取っても“王子”な写真集になっていると思います!少しずつ大人になっていき、だんだん若さも消えていくのかなと思うと、今のうちに(若さを)残せた写真集になった」と自虐する場面も。

 また、GENERATIONSメンバーにも写真集を見せたと言い、「みんな“すごくいいね!”って言ってくれて、小竹さんの詞も気に入ってくれてました」と。「(メンバーの小森)隼がとにかく詞とかポエム的なものが大好物でして。僕の写真集なのに、写真を見ずにお気に入りのフレーズを写メっていて…。その時は、“ちょっとお前、それはどうなんだ?”とツッコみました」と笑いを誘っていた。

「片寄涼太ファースト写真集 グッバイ、ホワイト」
著者:片寄涼太
発行:KADOKAWA

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える