• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

観月ありさが『遺留捜査』最終回に出演「テレビで見ていた糸村刑事が目の前にいる!」

©テレビ朝日

©テレビ朝日

 観月ありさが、9月13日(木)放送のテレビ朝日系『遺留捜査』最終回2時間スペシャル(後8・00)にゲスト出演する。

 主演の上川隆也が、遺留品を手がかりに事件をひもとく風変わりな刑事・糸村聡を演じる人気作の第5シリーズ。最終回は高級ホテルで爆発が発生し、ベンチャー企業の社長が死亡。その社長が数千億円の価値を生むといわれるバイオサイエンス研究と独占契約を結んでいたことから、糸村たち「京都府警特別捜査対策室」(特対)のメンバーは巨額の利権が絡んだ殺人として捜査を開始する。

©テレビ朝日

©テレビ朝日

 観月が演じるのは、バイオサイエンス研究を手掛ける酒井裕子准教授。世界的な賞にも輝いた天才科学者だが、私生活ではシングルマザーとして苦悩も抱えているという役どころに、観月は「裕子は冷静な科学者ではあるのですが、どこか世間知らずで完璧ではない女性だと考えて演じました。科学者としての裕子とシングルマザーとして葛藤している部分を演じ分けることを心がけました」と語った。

 上川とは2016年末~2017年始の舞台「シェイクスピア物語~真実の愛~」や、2017年4月期のフジテレビ系『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』でも共演し、気心知れた間柄。上川の印象を「とにかく優しい方で、いつでも完璧な印象です」と言い、今作での共演を「テレビで見ていた糸村刑事がそのまま目の前にいる!という感じでした」と喜んでいる。

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える