• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

香取慎吾 初個展inパリ「今、幸せがあふれています」稲垣吾郎&草彅剛も祝福!

「香取慎吾 NAKAMA des ARTS」 日仏友好160年を記念し開催中の日本文化・芸術の祭典「ジャポニスム2018:響き合う魂」広報大使の香取慎吾が、パリ・ルーブル美術館で自身初の個展「香取慎吾 NAKAMA des ARTS」を開催。広報大使としてのお披露目式と、初個展のレセプションパーティーを兼ねたイベントが9月18日にパリ日本文化会館で行われた。

 同イベントには、木寺昌人駐フランス大使やティエリー・ダナ前駐日フランス大使をはじめ、9月19日(水)からパリ市立劇場エスパス・カルダンで公演を行う野村萬斎や、日本から、新しい地図の稲垣吾郎や草彅剛も駆けつけ、エールを送った。

 イベントでは、木寺駐フランス大使が「今ジャポニスムは最高潮を迎えています。すべての分野で発揮される才能に感服しました。香取さんは上手にジャポニスムの広報をしてくれると思います」と祝辞のスピーチ。

 これを受けた香取は「本日はこんなにたくさんの人々がお越しいただきうれしいです。ジャポニスム2018広報大使を務められて幸せです。ルーブルで人生初の個展を開催できることを皆さんに感謝しています。今、幸せがあふれています」と、喜びを語った。

 その後、野村を交えての鏡開きや、香取のこれまでの活動が映像で紹介されたほか、初個展を祝して日本酒や和食が振る舞われた。

 また、「ジャポニスム2018の広報大使やルーブル美術館での個展は誇りですし、こちらも緊張しています。ルーブル美術館という場所で彼の絵を見られて感激しました」(稲垣)、「ジャポニスム2018の広報大使就任にあやかって僕も鼻が高くなった気分です。作品は今まで見てきましたが、ここへ来るために1つ1つの制作があったのではないか」(草彅)と、新しい地図の2人も展覧会での感想を語った。

 ジャポニスム2018は、パリ内外の100近くの会場で、展覧会や舞台公演に加え、さまざまな文化芸術を約8か月にわたり紹介する、日本文化・芸術の祭典。
縄文から最新のメディア・アート、アニメ、漫画、さらに歌舞伎から現代演劇、初音ミクまで、日本文化の多様性に富んだ魅力を紹介すると同時に、食や祭りなど、日本人の日常生活に根ざした文化をテーマにした交流イベントなどを行い、東京2020オリンピック・パラリンピックを前に日本各地の魅力を、パリを通して世界に発信していく。

 ジャポニスム2018公式企画である香取の個展「香取慎吾 NAKAMA des ARTS」展は、9月19日(水)~10月3日(水)まで、カルーゼル デュ ルーブル シャルル5世ホール(フランス・パリ)で開催中。

「ジャポニスム2018:響き合う魂」公式サイト:https://japonismes.org

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える