• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

平野紫耀に磯村勇斗が胸キュン!?「おまえ、何てかわいい奴なんだ!」

映画「ういらぶ。」完成披露試写会が 平野紫耀(King & Prince)の主演映画「ういらぶ。」の完成披露試写会が行われ、平野をはじめ、共演者の桜井日奈子、玉城ティナ、磯村勇斗、桜田ひより、伊藤健太郎、そして佐藤祐市監督が登壇した。

 LINE漫画の少女部門で月間1位を記録した星森ゆきもの人気漫画が原作の映画「ういらぶ。」。ドSなふりをした“こじらせ男子”の凜(平野)と超ネガティブだが実は芯が強く凜の“彼女(仮)”として奮闘する優羽(桜井)、2人と幼なじみの暦(玉城)と蛍太(磯村)、そんな4人の前に現れる実花(桜田)と和真(伊藤)兄妹。6人の男女が織り成す初々しい恋と友情を描く青春ストーリー。

 大好きな優羽の前ではキツい言葉を吐いてしまうドS男子・凜役の平野は「僕自身はSではないので…Mでもないんですけど(笑)、女性に対して“ゴミ”って言ったりするのは心が痛かったです。優羽に対してSを出した後に、自宅に帰ってもがくシーンは切り替えが大変でした」と役作りに苦労した様子。

 そんな凜を密かに思うあまり、ネガティブ思考になってしまった優羽を演じる桜井も「私はホワホワしていないし、気も弱くないし、けなげでもないので、自分と真逆のキャラクターだからこそ演じ甲斐がありました」と続け、加えて「優羽はコミュニケーションを取るのが苦手でそこがかわいい魅力でもありますが、私が演じることでうざったく見えないか心配でもあって。けなげなところや一生懸命さを意識して演じました」と語った。

 撮影は2017年10月下旬から11月中旬にかけて岡山市と吉備中央町を中心に敢行。当時を振り返り、磯村は「岡山でクランクアップした後にホテルに泊まっていたら、夜中に部屋の玄関のドアからお菓子がピュッと出てきた。何だろうと思ってドアの下を覗いたら、紫耀君がスッと部屋にお菓子を入れていて“おまえ、何てかわいい奴なんだ!”って感動しました!」とエピソードを告白。すると平野は「見られてるとは思わなくて、誰にもバレてないと思ってた!(笑)」と頬を赤らめ、「今、磯君が言わなかったら、誰も知らない状態だった!(笑)」と恥ずかしそうにしていた。

 イベント中、共演者たちから“天然”ぶりをいじられていた平野。最後のあいさつでは「キャストの皆さん、スタッフの皆さん、監督の皆さんに支えられて…」と話しだし、佐藤監督から「監督はオレだけ!何人いるんだよ!!(笑)」とツッコまれ、場内は爆笑の渦に。平野は笑いを堪えながら「皆さんに支えていただいて恵まれた環境で、本当に楽しかった。すてきで、キラキラした、キュンキュンした、笑った、すてきな青春の映画になっています。今年あと3か月あるんですけど、平成最後のキュンキュンを僕たちで飾ってもらえたらと思います!」と最後は“座長”らしく締めくくっていた。

映画「ういらぶ。」
11月9日(金)全国公開

出演:平野紫耀(King & Prince)、桜井日奈子
玉城ティナ、磯村勇斗、桜田ひより、伊藤健太郎ほか

配給:アスミック・エース

©2018 『ういらぶ。』製作委員会©星森ゆきも/小学館

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える