• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

楓のナイスキャッチにE-girlsメンバー大爆笑『全力部活!E高』

『全力部活!E高』 無料インターネットテレビ局・AbemaTVの「AbemaSPECIALチャンネル」で、『全力部活!E高』の第3話が10月17日に放送された。

 この番組は、2017年に“新生E-girls”として再始動した11人が、メンバー全員であらゆる部活を立ち上げ、全国の女子高生が持つ記録や“11人”で活動する彼女たちにまつわる目標に挑戦していく冠レギュラー番組。

 10月17日の第3話では、11人で1万1000個のドミノ倒しに挑戦する「ドミノ部」と、ロールアイス作りに挑戦する「ロールアイス部」の企画を放送。

 前回に引き続き、さまざまな変わり種食材とアイスクリームを混ぜ合わせてロールアイス作りに挑戦するE-girlsのメンバーたち。わさびを引き当てた藤井夏恋は、バニラアイスと混ぜ合わせ、きれいなロールアイスが完成。そして、須田アンナのアボカドとチョコレートアイス、鷲尾伶菜のぶどうとバニラアイス、YURINOのプリンと抹茶アイス、山口乃々華の大学芋とバニラアイス、石井杏奈の柿の種とチョコミントアイスなど、無難な組み合わせが続いた。

 坂東希は引き当てた海苔の佃煮とバニラアイスを混ぜて「みたらしみたい!」と大絶賛。須田は「何がみたらしじゃ!」と顔をしかめるが、意外にも4人のメンバーが「うまE」の札を上げ、その理由を「佃煮が好き」「後味が良かった」と気に入った様子。

 ウニを引き当てたSAYAKAは「バニラアイスだと、ウニに負けてしまうと思うので」と、チョコレートアイスをチョイス。「ウニ嫌だなぁ」「これは試食したくない」と、メンバーが不安を漏らす中、黙々と前代未聞の“海鮮ロールアイス”を作るSAYAKA。「なくはない。ウニのまろやかさをチョコが引き出している」と言いつつも、SAYAKA以外のメンバー全員が「うまくなE」の札を上げた。

 ロールアイス部のトリを飾ったのは、納豆を引き当て、チョコレートとバニラアイスを混ぜた楓。糸を引く納豆を手際よく混ぜ合わせロールしていく中、勢い余ってロールアイスが台から飛び出してしまうというハプニングが。しかし、台から飛び出したロールアイスを見事キャッチした楓に、メンバーは大爆笑した。

 「ドミノ部」では、11人のメンバーが5つのチームに分かれて1万1000個のドミノ倒しに挑戦。どのチームより多い約4000個のドミノをひたすら並べていくのは「カラージュータン」チームの山口、YURINO、楓、須田の4人。「カラージュータン」を選んだ理由について、須田は「そんなに自信がないけど、並べることなら得意」、楓は「変なプレッシャー感じたくない」と弱気な発言。

 唯一、チームではなく1人で約1000個のドミノを180センチのタワーに並べていく「タワードミノ」を担当するのは佐藤晴美。「等間隔に並べるのが得意」とテンポよく並べるも、たった1人での孤独な作業。「いらっしいませー」と“お店屋さんごっこ”をしたり、「落ち着き 落ち着き」と自分を励ましたりしながらと黙々とこなす佐藤。そして「早く終わらせて他のチームの手伝いに行く!」というリーダーらしい姿勢も見せた。

AbemaTV『全力部活!E高』#4
放送日程:10月24日(水)後10時~

放送チャンネル:AbemaSPECIALチャンネル

番組URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/9k3Pknc82WsNGf
過去の放送はAbemaビデオ(https://abema.tv/video/title/90-1147)で放送中

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える