• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

野茂英雄の大リーグ挑戦の舞台裏に迫る『NHKスペシャル 平成史スクープドキュメント』第1回10・21放送

「大リーガーNOMO~トルネード旋風・日米の衝撃~」 10月21日(日)に『NHKスペシャル 平成史スクープドキュメント』(NHK総合)の第1回「大リーガーNOMO~トルネード旋風・日米の衝撃~」が放送される。(※9月30日(日)に「台風24号関連ニュース」で放送休止になった番組を放送)

 この30年に起きた“事件”や“出来事”を新証言や新資料で掘り下げることで、一つの時代を見つめていく大型シリーズ『平成史スクープドキュメント』。第1回は「大リーガーNOMO~トルネード旋風・日米の衝撃~」と題し、1995年(平成7年)の野茂英雄の大リーグ挑戦の舞台裏を描く。

 当時、日本のプロ野球を代表するエースの突然のアメリカ行きは、日米の球界関係者に大きな衝撃を与え、今年の大谷翔平選手に至るまで、日本選手の大リーグ挑戦の先駆けに。その一方で、それはグローバル化の猛威の中で世界に目を向けることになった平成日本を象徴する“事件”でもあった。

 番組では、なぜ野茂は海を渡ったのか、野茂自身がその詳細を初めて告白する。さらに今回は、NHKが独自に入手した日米の球団経営者の内部資料から、日本選手の大リーグ挑戦をめぐる激しい攻防も浮かび上がる。

『NHKスペシャル 平成史スクープドキュメント 第1回「大リーガーNOMO~トルネード旋風・日米の衝撃~」』
NHK総合
10月21日(日)後9・00~9・59

インタビュアー/リポーター:大越健介(NHK記者主幹)

©NHK

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える