• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

カンテレ新実彰平アナがOsaka Metroとコラボアナウンス「私の声が整列乗車につながれば」

©カンテレ

©カンテレ

 本日11月1日から、関西地区ではおなじみの平日夕方のニュース番組『報道ランナー』(カンテレ)でメインキャスターを務める新実彰平アナのアナウンスが流れる。

 新実アナが呼びかけるのは、Osaka Metroが進める安全対策の1つ、ホームドア設置の課題となる、ホーム上の混雑緩和のための整列乗車。新実アナによる「ご利用ありがとうございます。カンテレの夕方のニュース『報道ランナー』でキャスターをしている新実彰平です。電車をお待ちのお客さまは、ドア付近を広くあけ整列してお待ちください。また、電車内出入口付近でも、降りられるお客さまのためにドア付近を広くお開けくださいますよう、ご協力よろしくお願いします」というアナウンスが、本日から毎日、およそ1時間に1回、全駅で流れる。

 Osaka Metroが民営化後、駅構内のアナウンスをコラボするのは今回が初。新実アナのアナウンス収録の様子などは、本日11月1日(木)放送の『報道ランナー』(後4・47~)で放送予定。

<新実彰平アナウンサー コメント>
 全駅で私の声が流れるということで大変恐縮しております。担当者の方から、『このアナウンスがより高い安全性と円滑なダイヤ運行にとって必要なんです』とのご説明を頂き、とても光栄に思いながら収録をさせていただきました。私の声が皆様の整列乗車につながれば大変ありがたいなと思っております。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真