• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

香取慎吾、初のXマス点灯式に大興奮で自撮り「素敵です!」

香取慎吾 香取慎吾が、東京ミッドタウン日比谷で行われた「HIBIYA Magic Time Illumination」の点灯式に登壇した。

 香取は、今年3月に開業した東京ミッドタウン日比谷について「6階の庭園がすごく好きで、日比谷公園が見渡せて、撮影もさせていただきました。すてきな場所なので、写真もそうですし、自分も素敵になれました(笑)」とお気に入りの場所を明かし「来ることが多いので、食事もさせていただき、撮影もさせていただき、始まったばかりの新しさに自分も乗っかりたいなと(笑)」と語った。

 また、同じ日比谷にある帝国ホテルに自身のショップ「JANTJE_ONTEMBAAR(ヤンチェオンテンバール)」をオープンした香取は「洋服と作るのとショップを持つことが夢だったんです。そんな夢が8月にオープンしました。大きな夢をかなえてくれる日比谷だなと思っています」と。

 ショップ名について聞かれると「いつまでも、いくつになってもやんちゃ坊主、おてんば娘でみんながいつも笑顔で楽しくいられたらな、ファッションを楽しんでもらいたいなという思いでそういう名前にしました」と語った。

 東京ミッドタウン日比谷初のクリスマスイルミネーションを灯す気持ちを聞かれると「ショップもそうですけど、日比谷は“夢をかなえてくれる場所”で。クリスマス点灯式は夢だったんです。見るじゃないですか、この時期。30年近くお仕事をしてきたんですけど、やったことがなくて、いつかやりたいなと思っていたこの夢もこの日比谷はかなえてくれる。楽しみです」と。

 そして、いよいよ点灯式。香取が点灯ボタンを押すと、イルミネーションに光が灯り、街が一気に華やかに。香取は「素敵です!SNSで“日比谷映え”ですよ」と大興奮で、イルミネーションをバックに自撮りし「早く上げたいです。皆さんより早く上げたいです」と笑った。

 クリスマスの予定を聞かれると「クリスマスも日比谷にいますね。12月はミュージカルをやっているんですけど、草彅(剛)が12月は日生劇場で舞台をやっているので、クリスマスに草彅の舞台を見に行きたいですね」と。

 稲垣(吾郎)さん、草彅さんと過ごすことが多いですか?と聞かれると「稲垣さんはあんまりない(笑)」と即答し、会場を笑わせた。

 また、思い出のエピソードを聞かれると「草彅とのクリスマスのエピソードですか?(笑)そんなにないですね。今回はお互い舞台をやっているので、見に行きたいんだけどスケジュール的に行けるかな…という感じですけど、クリスマスもやっているのでクリスマスあたりに草彅の舞台を見に行って、そのあと東京ミッドタウン日比谷に来て、ここで2人でイチャイチャしたいです、草彅と(笑)」と。

 そして、ここで香取からうれしい発表が。「とってもうれしいんです。クリスマスの点灯式もいつかやりたかった夢がかなった。その東京ミッドタウン日比谷の2019年のお正月を飾る、ミッドタウンの顔でもあるエントランスに大きな絵を描かせていただけることになりました。僕の大きな絵をこちらに飾っていただけるということなので、お正月にちなんだ作品になるのか、いまのところまだ何もない、頭の中にもなければ、まだ何も始めてもいない状況ですが、1月に入ったらあそこに僕の絵が飾られると思うので、皆さんぜひとも楽しみにしていただけたらと思います」と。

 続けて「僕の絵が飾られるお正月もそうですけど、クリスマスもこのイルミネーションが始まったので皆さんに遊びに来ていただいて、僕がさっきから言うように“夢がかなう日比谷”なので、ここにカップルで来たりしたら夢がかなうんじゃないかなって思ってます」と語った。

 最後に香取は「東京ミッドタウン日比谷、初めてのクリスマスイルミネーションが始まりました。皆さんぜひともお友達、ご家族、彼女・彼氏と遊びに来ていただけたら“夢がかなう場所”だと思います。ぜひ遊びにきてください」と呼びかけた。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える