• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

小芝風花が特撮の魅力熱弁!寺田心君もハイテンションで応戦

『トクサツガガガ』
 1月18日(金)スタートのドラマ10『トクサツガガガ』(NHK総合)の試写会に小芝風花、寺田心君、松下由樹が出席した。

 本作は、丹羽庭の同名漫画を映像化したコメディードラマ。特撮をこよなく愛する商社勤めのOL・仲村叶が、さまざまなピンチに陥りながらも、脳内に現れる特撮ヒーローに勇気づけられながら切り抜けていくさまを描く。

 主人公・叶を演じる小芝は、「コメディ要素が強く、こんなドラマ今まで見たことなくて、すごく攻めている」とドラマの感想を語り、「連続ドラマ主演も初めてでプレッシャーもありましたし、ちゃんとオタク全開でいけるのか不安がたくさんあったんですけど、キャストの方やスタッフの皆さんに支えられてすごく楽しく撮影できました」と振り返った。

 1話で叶が出会う特撮好きの小学3年生・ダミアンを演じる心君は「僕ダミアンみたいに楽しい役をあんまりやったことがなかったのですが、撮影現場も愛知県で僕の地元の方なので、知っているところもあってすごく楽しかったです。後は一緒に遊ばせていただいたりしたから、とっても楽しくて。本当にありがとうございます」とあいさつした。

 特撮が嫌いな叶の母・志を演じる松下は「娘と分かち合うことがなく関係が続いていくんですが、母としては特撮大好きな娘に、女の子なのにという心配がきっとあったんだろうと演じていて初めて感じました。特撮が大嫌いっていう役柄ですので、特撮風にいえば最強の悪役を演じています(笑)」と役柄について語った。

 今回、原作に登場する特撮ヒーロー「獅風怒闘ジュウショウワン」や「救急機エマージェイソン」なども劇中で再現される。小芝はその魅力について「私は叶と同じく“動物モチーフ”がすごくツボで、シシレオー(ジュウショウワンのリーダー)が一番好きで、たてがみがすごく好き。あとゲンカ将軍(敵の大将)もかっこいい」と熱弁。すると心君も「戦うシーンとか真似したくなるくらいかっこいい!」とポーズをとって盛り上がっていた。

 小芝は今までハマッた特撮作品について聞かれると「今までこれにはまったというのがなかったので、叶みたいに熱中できるものがある人はうらやましいと思っていました。作品に携わらせていただくとやっぱり特撮かっこいいです。やっと熱中できるものが見つけられそうな気がしています」と笑顔。心君は「僕は、昔なんですけど『仮面ライダー』とか好きで、いろんなライダーがいたり、あとは『アンパンマン』も好きだし、いろんなものが大好きです」と語った。

『トクサツガガガ』は、NHK総合で1月18日(金)後10時スタート。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える