• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

片岡鶴太郎主演『終着駅の牛尾刑事』50作目へ!森村誠一さん「原作者として深い感動」

©テレビ朝日

©テレビ朝日

 片岡鶴太郎が主演するテレビ朝日系『終着駅シリーズ』の最新作が、1月27日(日)午後9時から放送される。1990年に露口茂主演でスタートし、5作目からは片岡が引き継いで歴史を重ね、今回で34作目。水野真紀と共演した『終着駅の牛尾刑事vs事件記者・冴子』シリーズ16作も含めると、記念すべき50作目を迎える。

 寡黙にして実直な新宿西署のベテラン刑事「モーさん」こと牛尾正直が、事件の奥底に潜む真実を探る物語。最新作の『終着駅牛尾刑事50作記念作品~荒野の証明』では、大手繊維メーカーの創業記念パーティーの会場で絞殺死体が見つかった事件の捜査をめぐり、新宿西署の面々と関川響子(高島礼子)率いる本庁の捜査二課が対立。日に日に不協和音が高まっていく中、牛尾はある失踪事件との関連に気づく。

 原作の森村誠一さんは「牛尾刑事は、私がホテルマンをやっていた時に知り合った元刑事さんからきています。実在の牛尾さんに私はいろいろ教えてもらうことが多かったこともあり、最初から愛着のあるキャラクターでした」と明かし、牛尾を演じる片岡に対しては「片岡さんの出る映画やTVをよく観ていたので、牛尾刑事を演じてもらえたのは光栄でした。私の原作を丁寧に読み込んでくださったのも嬉しかった」と感謝。

 さらに、「ひとりの人間として、作家として、いつも自分は『途上だ』と思ってやってきているので、『終着駅』には決して到達し得ないという気持ちと、それゆえの憧れをこめています。そんなシリーズが多くの方に愛されてここまで長く続いていることに、原作者として深い感動を覚えます」と感慨深げに語っている。

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える