• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

志尊淳の“女装姿”に杉咲花が惚れ惚れ「じっと見入ってしまいました」

©テレビ朝日

©テレビ朝日

 志尊淳が、テレビ朝日系木曜ドラマ『ハケン占い師アタル』((木)後9・00)の第3話(1月31日放送)で女装姿を披露。その場面写真が公開された。

 主演の杉咲花演じるイベント会社の派遣社員・的場中ことアタルが“あらゆるものが見える特殊能力”で、悩み多き働く人々と会社を変えるお仕事コメディ。脚本は『家政婦のミタ』などの遊川和彦氏。

 第3話は、志尊演じる入社1年目の品川一真をフィーチャーした物語。直属の上司・上野誠治(小澤征悦)の不当なパワハラに悩み、周囲の人たちのリア充ぶりと自分の不遇を比較しては、鬱屈した毎日を送る品川。そんな無気力新人社員がとうとう爆発し、堰を切ったように不平不満をぶちまけて辞職を宣言。ついには会社に“パワハラ報告書”を提出するという行動に出る。

 これまでは抑えた演技で品川の心情を表現しつつ危うさもにじませてきた志尊だが、今回はエネルギッシュかつ鬼気迫る演技をさく裂させ、女装姿も披露。杉咲は「誰よりもキュートな乙女っぷりの品川ちゃんについ惚れ惚れして、気がつくと、じっと見入ってしまいました(笑)」と絶賛している。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真