• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『平成物語』第2弾放送決定!山崎紘菜、笠松将、清水くるみら“平成生まれ”のキャスト&スタッフが集結

『平成物語~なんでもないけれど、かけがえのない瞬間~』
 “平成”という時代にフォーカスを当てたスペシャルドラマ『平成物語』の第2弾となる『平成物語~なんでもないけれど、かけがえのない瞬間~』(フジテレビ)が、3月18日(月)から5夜連続で放送されることが決定した。

 昨年、メーンキャスト(岡山天音、松本穂香、片山友希ほか)、脚本、監督、音楽、カメラマン、照明、美術、プロデューサーが“平成生まれ”という布陣で制作された『平成物語』。平成に生まれ、平成に育ち、平成しか知らない人間の目線で紡いだドラマとして、大きな反響を呼んだ。

 その第2弾となる本作で主演を務めるのは、連続ドラマ初主演となる山崎紘菜、共演に笠松将、清水くるみと、平成生まれの注目の若手俳優が集結する。3人は男女それぞれ数百人を超えるオーディションを経てこの役を射止めた。

 そんな次の時代を担う気鋭のキャストたちに加え、村上淳、高橋和也ら実力派俳優、さらにSeason1の主演・岡山天音も特別出演している。

 昨年放送のSeason1では、「僕たちは何者になれたのだろう」という思いをテーマに、田舎から夢を抱いて上京し、恋や将来、自分自身に葛藤しながらも平成を生きた一人の青年が描かれた。Season2は「平成で一番綺麗だった日」をテーマに、平成最後の日に、主人公と最愛の人との突然の別れから始まり、話を重ねるごとに、時間軸がさかのぼっていくという構成に。何の変哲もなくて、けれどかけがえのない日の大切さを描く、極上のラブストーリーとなっている。

 Season1に引き続き、脚本は加藤拓也、演出は松本花奈が手掛ける。また、今回は平成10年生まれで、雑誌「GINZA」「POPEYE」などでのカメラマンを担当し、2018年には「カロリーメイト」の広告クリエイティブに抜擢された人気写真家・石田真澄がスチールカメラマンとキービジュアル撮影を担当する。

<山崎紘菜コメント>
◆連続ドラマ初主演となる今回、出演が決まった時はどんな気持ちでしたか?

「オーディションを受けた時から、ずっと芽生を演じたいと願っていました。ただ、その夢がかなったのと同時に、前作に続く、それ以上の作品にしなければと焦りも感じました。しかし、台本を開いて芽生と向き合って、知っていくうちに余計な焦りや不安は自然と消えていて、気づいたらただただ撮影が楽しみになっていました」

◆視聴者へのメッセージをお願いします。

「何か大事件が起こったり、劇的なドラマがあるわけではありませんが、小さな幸せと、ささやかな喜びにあふれた、温かくて優しい物語です。皆さんの日常にそっと寄り添うような作品になりますように。また、『ただいま』『おかえり』など、大切な方との些細な会話が増えるきっかけになったらうれしいです」

<笠松将コメント>
◆貴大役を演じてみて、いかがでしたか?

「自分自身への不安こそありましたが、『貴大』に対するストレスはありませんでした。人に自慢できるような大恋愛ではありませんでしたが、全てが特別でかけがえのない瞬間だったと、作品を撮り終えて強く感じています」

◆視聴者へのメッセージをお願いします。

「第1話の最初のシーン。僕と芽生はこの先、二度と会うことは出来なくなるけれど、山崎紘菜さん演じる芽生のことを、視聴者の皆さま、どうかよろしくお願いします」

<清水くるみコメント>
◆凛役を演じてみて、いかがでしたか?

「私が演じた凛は、平成にありふれた女の子だなと思います。実際、自分の中にも凛みたいな部分があるし、凛っぽいって言われることもあると思いながら演じていました。平成女子の等身大な姿を描いているので、あえて若い言葉を使うと、少し“うざいな”と思う部分があるかもしれないですが、共感しやすいキャラクターではあると思うので、ぜひ温かい目で凛の行く末を見守ってほしいです(笑)」

◆視聴者へのメッセージをお願いします。

「初めて台本を読んだ時に、まず、せりふ回しやこういう人物を描くところがとても平成っぽいなと思いました。それをほとんど20代のキャストスタッフで制作するという、こんなことができるのかと!台本が面白いので、忠実にそれを再現できるように気を付けながら演じました。平成生まれの思いのたけを、ぜひ感じ取っていただけたらなと思います!」

<橋爪駿輝(フジテレビ編成部)コメント>
「平成ってなんだろうと改めて考えたとき、当たり前で、何でもない時間だったなと思いました。なぜなら、平成に生まれた僕たちは、平成しか知らないのです。だからこそ、そのありふれた日常はかけがえがなかったんだと気づきました。そんな思いを込めて、キャスト・スタッフ全員でつくった誰にでもある等身大の物語が、視聴者の皆様にとっても平成という時代をふり返るきっかけにつながればうれしいです」

<第1話あらすじ>
 平成の終わりが近づくある朝。ペットショップに勤める芽生(山崎紘菜)が身支度をしていると、夫で作家の貴大(笠松将)が部屋から出てきた。貴大は芽生が仕事に行くことを忘れていたが、それはいつものこと。芽生はたいして気にもせず、オーダーした結婚指輪を取ってから帰宅すると言った。
 数日前、芽生は自分よりも後に結婚した凛(清水くるみ)から、妊娠したことを告げられていた。幸せそうな凛を見た芽生は、自分の方が子供を欲しいと先に言っていたのに、と正直な感想をもらした。芽生は幸せだったが、子どもどころか、結婚式にも指輪にもまるで関心を示さない貴大に、少しだけ物足りなさを感じていた。
 しかし、貴大が指輪を買おうと言いだす。ささやかではあるが、幸せに満たされる芽生。このままそんな日々が続くと思っていた。
1か月後の夕方。指輪を受け取った芽生はうれしそうに自宅に戻るが、そこに貴大の姿はなかった―。

『平成物語~なんでもないけれど、かけがえのない瞬間~』
フジテレビ
5夜連続ドラマ
3月18日(月)深1時5分~1時35分
3月19日(火)深0時35分~1時5分
3月20日(水)深0時35分~1時5分
3月21日(木)深0時35分~1時5分
3月22日(金)深1時5分~1時35分
※変更の可能性あり

<キャスト>
山崎紘菜
笠松将
清水くるみ

高橋和也
森優作
柳英里紗
諫早幸作
中山求一郎
細井 学
岩谷健司
村上 淳

岡山天音(特別出演)

<スタッフ>
企画:橋爪駿輝
脚本:加藤拓也
協力プロデュース:太田大
プロデュース:関友彦(コギトワークス)
写真・キービジュアル:石田真澄
監督:松本花奈

番組インスタグラム:https://www.instagram.com/heisei_story/
番組ツイッター:https://twitter.com/heisei_story

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える