• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

菅田将暉『3年A組』は「遺作になっても何の悔いもない」椎名桔平と共に撮了

『3年A組-今から皆さんは、人質です-』
 3月10日(日)に最終回を迎える『3年A組-今から皆さんは、人質です-』で柊一颯を演じた菅田将暉と、刑事・郡司真人を演じた椎名桔平がクランクアップを迎えた。

 3年A組の生徒、永野芽郁と続々と出演者がクランクアップを迎えていた本作。菅田と椎名の最後の撮影となったのは、魁皇高校の屋上につながる階段の踊り場のシーン。郡司は一颯の人質となっており、2人の熱いバトルがこのドラマの最後の収録となった。

『3年A組-今から皆さんは、人質です-』

 『3年A組』のすべての撮影を終えた菅田は、一足早くクランクアップを迎えていた永野から花束を受け取り「この作品が遺作となっても、何の悔いもありません。そのくらいの気持ちです。今持っているもの全てを出し切りました。そして全てを受け取ってもらいました。本当にハッピーです。こんな素晴らしい花束をもらって、こんなにうれしいクランクアップはありません。本当にお世話になりました」と感謝を伝えた。

『3年A組-今から皆さんは、人質です-』

 椎名は監督から花束を渡され、「どんな展開になるのか、スタートの時点では詳しくは分からなくて、毎回台本を読むのも放送を見るのも楽しくて。本当に皆さんありがとうございました」と語った。

 撮影が終了し、残すところは最終回の放送のみとなった『3年A組』。教室の黒板には、最後に「Let’s think!」の文字が映写機で投影されていた。

 すべての謎が解き明かされる『3年A組』最終回は、3月10日(日)後10・30から放送される。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える