• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『ザ・ファブル』岡田准一の超絶アクションの裏側!SP映像解禁

「ザ・ファブル」
 6月21日(金)公開の岡田准一主演映画『ザ・ファブル』の撮影の裏側が見られるスペシャル映像が解禁された。

 本作は「週刊ヤングマガジン」連載中で、単行本累計部数280万部突破、2017年度講談社漫画賞で<一般部門>を受賞した南勝久による同名コミックを実写映画化。主人公のファブル/佐藤アキラ役を岡田准一が演じる。監督は江口カン、脚本は渡辺雄介が手掛ける。

 今回解禁されたのは、超絶アクションとその裏側が堪能できるスペシャル映像。本作でファイトコレオグラファーを務めたのは、『ボーン・アイデンティティー』や『96時間』シリーズ(2作目、3作目)、『LUCY/ルーシー』などを手掛けたフランス出身のアラン・フィグラルズ。

 マット・デイモンやリーアム・ニーソンなどハリウッドの名だたるアクション俳優と仕事をしてきたアランだが、「ここまでスピーディーに動ける俳優は見たことがない」と岡田の身体能力を絶賛。スペシャル映像では、アランと岡田のアクションシーンのメイキングも収録され、“殺してはいけない殺し屋”という役柄だけに、わざと相手に殴られたふりをして大げさに痛がったり、殺傷能力のない銃を使ったり、カセを背負って戦う“ファブル”ならではのアクションの裏側を見ることができる。

 さらに、キャスト陣のコメントも収録。本格アクションをやすやすとこなす岡田を見て、共演の木村文乃、山本美月は「アクションに対してもプロ」「安心できる存在」と称賛。

 岡田と共に迫力の対決シーンを演じた福士蒼汰は「撮影のたびに教えてもらうことがたくさんあった」と振り返る。柳楽優弥、向井理は「次元が違う、皆のボルテージが上がっていく感じがある」「スタッフの感じも変わる」と語り、安田顕は岡田の動きを「残像!」と表現。“ファブル”を見守るボス役の佐藤浩市も「スタッフや役者たちをちゃんと背負ってやる、岡田という男のアクション」と太鼓判を押すアクションに注目だだ。

映画『ザ・ファブル』
6月21日(金)放送

出演:岡田准一
木村文乃 山本美月
福士蒼汰 柳楽優弥 向井理
木村了 井之脇海 藤森慎吾(オリエンタルラジオ) 宮川大輔
佐藤二朗 光石研/安田顕/佐藤浩市

原作:南勝久『ザ・ファブル』(講談社「ヤングマガジン」連載)

監督:江口カン
脚本:渡辺雄介

配給:松竹

公式サイト:http://the-fable-movie.jp/

©2019「ザ・ファブル」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える