• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ノブコブ徳井が重機免許を取得!その思いとは…『千鳥のドッカン!ジブン砲』4・3放送

『有名人が情報解禁!千鳥のドッカン!ジブン砲』
 千鳥がMCを務める『有名人が情報解禁!千鳥のドッカン!ジブン砲』(フジテレビ系)の第2弾が、4月3日(水)に放送される。

 この番組は、週刊誌に勝手にネガティブな報道をされてしまう芸能人が、自らが本当に伝えたいポジティブなニュース(=ジブン砲)を発表し、世間を楽しく騒がせる新型速報バラエティー。

 今回は、徳井健太(平成ノブシコブシ)、田中美奈子・岡田太郎夫妻が登場し、新たなジブン砲を発射。MCの千鳥や、阿部祐二、駒井千佳子、榎並大二郎(フジテレビアナウンサー)といった現役バリバリの芸能記者たちの前に登場し、記者会見を開いて質疑応答に答える。

 最初に登場するのは、第1弾にも登場し「キャンピングカーを買います!」と発表した田中美奈子・岡田太郎夫妻。その際は家族でのキャンピングカーを探したが、資金面で難航し、岡田が番組に購入資金200万円をねだるという衝撃の展開の末に断念した。

 「今度こそ、やっぱりキャンピングカーを買います!」というジブン砲を発射した田中夫妻は、本気で購入するにあたってレンタル・キャンピングカーでのお試し旅を実戦する。

 お試し旅を終えて、夫と共に“ジブン砲会見”に臨んだ田中は、記者に“キャンピングカー・キャラ”を売り込み、あの手この手でアピール。千鳥の二人から「もしかして、この番組を通して金儲けをしようとしている?」と疑われ、さらに大悟から田中家の台所事情に関する鋭い質問が炸裂する。

 徳井は「重機の免許を取ったので、被災地でボランティア活動します!」というジブン砲を発射。被災地で自分に何ができるかを考えた時に、どんな災害でも重機が役立つことを知り、重機の免許を取得したことを明かす。

 重機の特訓を重ね、ボランティア活動のため被災地へ向かった徳井。昨年の西日本豪雨で被災した愛媛県で、重機を使い、倒木や大きな石の撤去作業を黙々と行う。さらに“手元”と呼ばれる手作業も行い、汗水流して活動。現地の人たちと交流する中で涙を見せる場面も。

 徳井の発表に「重機のことは聞いていたけど、こういうことをしたいんだとは知らなかった」と驚きを隠せないノブ。重機での被災地ボランティアにこだわりを見せ、ボランティア活動を実際に経験したからこその熱い思いを語る徳井。「芸人のお仕事と、ボランティア活動のバランスはどう考えているのか?」という記者の質問に答えた、徳井の今後の芸能活動に対する決断とは?

『有名人が情報解禁!千鳥のドッカン!ジブン砲』
フジテレビ系
4月3日(水)後11時~11時40分

<出演者>
MC:千鳥(大悟、ノブ)
ゲスト:田中美奈子・岡田太郎夫妻、徳井健太(平成ノブシコブシ)
記者:阿部祐二、駒井千佳子、榎並大二郎(フジテレビアナウンサー)他、芸能記者

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える