• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

佐野勇斗、森永悠希、山田杏奈、眞栄田郷敦、鈴木仁の“ちい恋バンド”がライブ初披露

映画「小さな恋のうた」 5月24日(金)公開の映画「小さな恋のうた」のメインキャストからなるバンド「小さな恋のうたバンド」(通称:ちい恋バンド)の佐野勇斗、森永悠希、山田杏奈、眞栄田郷敦、鈴木仁が、川崎市で開催中の「はいさいFESTA2019」に登場した。

 ちい恋バンドがステージに登場すると、会場に集まった約1000人の観客から黄色い歓声が沸き上がった。「沖縄にゆかりあるイベントに呼んでいただけてとてもありがたいです!」と佐野が元気いっぱいにあいさつし、早速「DON’T WORRY BE HAPPY」を披露。

 1曲目を終え、佐野は「最高ですね!僕らが出ている映画『小さな恋のうた』をもう見たよって人いる?もう映画を見た方は分かると思いますが、この5人でバンドできることってめちゃくちゃレアなんですよ!本編では見ることができない特別な5人のバンドなんです」と話し、映画で演じた亮多と同様、ムードメーカーとして、会場を盛り上げた。

 「沖縄は海が本当にきれいでしたね~しっとりさせちゃってごめんね(笑)」と沖縄の思い出を語って会場を和ませる森永、「楽しんでますか~」と観客にかわいらしく呼びかける山田、「めっちゃ緊張してます!顔が引きつっちゃってます(笑)」と照れる眞栄田、黄色い歓声に「ありがとう」とクールに応える鈴木と、メンバーそれぞれが初披露の場を楽しむ中、2曲目には「あなたに」が披露。「映画でもこの曲はすごく大切に歌わせてもらいました」という佐野たちの演奏に観客も聴き入った。

 最後の曲「小さな恋のうた」では、佐野が「知ってる人は皆さん一緒になって歌って盛り上げてください!」と呼びかけ、拍手と歌で応える観客。そして、バンドメンバーと観客が一体となる中、楽曲の生みの親・MONGOL800の上江洌清作と、本作に出演している世良公則がサプライズで登場。バンドメンバーと観客と共に「小さな恋のうた」を熱唱した。

 演奏後、世良は「いや~まぶしいですね!5人がそれぞれの個性を放っていて、もうまぶしすぎてサングラスしてきました(笑)。彼らを見守るオーナー役をやっていたので、映画と同じ気持ちで彼らを見守っていました。お前らサイコー!!」とちい恋バンドを絶賛。

 清作は「ライブを袖で見させていただいていたのですが、親心というか…俺と世良さんの方が緊張していました(笑)。楽器を触ったことない状態から、トータルで1年間くらい1人ひとりが楽器に向き合って、デビューもしたし、これからどんどん彼らのライブが見たいですね。楽しかったでしょ?」とさらなる活躍に期待を込めた。
 「外を見てください!私たちがライブしてるときだけ雨でしたが、嵐を巻き起こしましたね」と熱いライブを振り返った森永。山田は「皆さんのパワーに圧倒されながらも楽しく演奏できました!」、眞栄田は「いまだに緊張しています(笑)。映画も楽しかったけど、こうやってライブも盛り上がって本当に良かったです」、鈴木は「映画だけじゃなくてみんなの前で歌う機会があってうれしいです」と語った。

 そして最後に佐野が「映画『小さな恋のうた』は5月24日公開です!ライブを見てくれた方にも誇れる大自信作です。平成でもっとも歌われた、この歌を新元号・令和でも響かせたいと思ってます!1人ひとりが宣伝隊長となって、映画を広めてください!!」と、全力でアピールした。

映画「小さな恋のうた」
5月24日(金)全国公開

出演:佐野勇斗、森永悠希、山田杏奈、眞栄田郷敦、鈴木仁、トミコクレア/世良公則 他
監督:橋本光二郎(『orange-オレンジ-』『羊と鋼の森』『雪の華』)
脚本:平田研也(『つみきのいえ』『22年目の告白 -私が殺人犯です-』)
Inspired by the songs of MONGOL800
配給:東映

©2019「小さな恋のうた」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える