• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

奈緒インタビュー「女優として、ストッパーを外していきたい」『のの湯』

奈緒インタビュー「女優として、ストッパーを外していきたい」『のの湯』

連続テレビ小説『半分、青い。』でヒロインの親友・木田原菜生役を演じたほか、話題のCMへの出演など活躍の場を広げる奈緒さん。4月14日(日)からスタートするドラマ『のの湯』(BS12トゥエルビ)では主演を務める。銭湯が舞台の本作での撮影エピソード、今後の目標までたっぷり語ってくれました。


たくさんの銭湯で撮影する日々が楽しかった

奈緒インタビュー

◆『のの湯』の原作を読んだ最初の印象を聞かせてください。

銭湯が舞台の作品で女性が主人公というのが、とても面白いし新しいなと思いました。野乃ちゃんのかわいらしい人柄にひかれたので、演じてみたいなと思って。決まった時はうれしかったです!

◆奈緒さん演じる野乃の役づくりはどのようにされましたか?

原作の野乃と全く同じにはせず、髪形などは自分から提案しました。野乃は女性を感じさせない、人というよりは小動物って感じのする女の子で、ピュアに興味があることには突っ走るし、話を聞いてないところは聞いてないっていう(笑)。役づくりというよりは、子供のまま、大きくなったような女の子かなと思って演じました。人力車は実際の車夫さんからアドバイスを頂いて、浅草の車道を走って練習しました。最初は体力が結構いるのかなと心配だったんですけど、こぎ方を教えていただいてからはバランスが取れるようになって力はそれほど必要なくなりました。あとは所作ですね、ドラマの中でも重要な部分なのですごく意識して教えてもらいました。

◆野乃と通じる部分はありましたか?

私も思ったことは、わりと良いことも悪いこともすぐ伝えるので、そこは野乃と似ているところだと思いました。でも、野乃ほど衝動的ではありませんけど(笑)。ただ野乃は何も考えてないように見えて、実はすごく考えていたり、周りをちゃんと見ていて、いろんなことを純粋に感じているのがうらやましいなと思いました。

◆実在する銭湯にもたくさん行かれたと思いますが、撮影はいかがでしたか?

毎日“今日はどこのお風呂に行くのかな?”ってすごく楽しみにしていました。お風呂のシーンは、画が限定しないようにスタッフの皆さんと工夫して撮影していたので、現場の息がぴったり合って“きた!”って出来た時の達成感をスタッフさんと一緒に喜んだりして、演じていて楽しかったです。

◆野乃と同じアパートに住む、岫子役の都丸紗也華さんと、アリッサ役の高橋ユウさんの印象を教えてください。

高橋さんとは3回目の共演だったので、久しぶりって感じでした。私と高橋さんの演じた役が、今までで一番距離が近い関係性だったので、すごくうれしかったです。すごくサバサバとした、頼りがいのあるお姉さんなので、今回も会話が弾みましたね。都丸さんは最初はクールな人なのかなと思ったんですが、お話したらとてもチャーミングでかわいらしい女の子でした。撮影中も近くにべったり寄り沿って、ずっと“かわいい”って言ってました(笑)。銭湯のシーンで裸になって最初からずっと一緒にやっていたので、団結力を生んだのかなと思います。


人柄がいい味として画に染み出る女優になりたい

奈緒インタビュー

◆奈緒さん自身についてもお伺いしたいのですが、今後の展望はありますか?

『半分、青い。』をきっかけにいろんなお仕事をやらせていただくようになって、今までだったら“こういうのはできないんじゃないか”とか“自分には合ってないんじゃないか”とか、決めつけてしまうところがあったんですけど、そういうところをなくして、ストッパーを外していきたいです。いろんな方とお会いできる機会も増えたので、一人の人間としても、24歳になった自分自身がちゃんとした大人になっていけたらいいなって思います。

◆ドラマでは野乃が車夫をした後に、銭湯に行って生き返りますが、奈緒さんが生き返るなと思う心地いい瞬間ってどんな時ですか?

私自身が生き返ると思う瞬間は、寝ている時です(笑)。ベッドに入った瞬間は、明日のために生き返ってるなと思いますね。ドラマの撮影中は、湯冷めしちゃう時も結構あったんですけど、次のシーンがお風呂に入るシーンで、足を入れた瞬間はみんなが本当に生き返ってました。今作は銭湯が舞台のドラマなので、どういう内容だろうと思われるかもしれませんが、本当にかわいくて、癒やされる心地いいドラマになっています。男性はなかなか女風呂をのぞくことはないと思うんですけど、老若男女、何の心配もなく健康的に女風呂をのぞけて(笑)、そこでしか生まれない会話や、銭湯ならではの、“温かくはぐくまれていく友情”が見られるのは、このドラマならではだと思います。これから春が来て、夏にかけてちょっとずつ暖かくなっていきますが、ドラマの中で、気持ちのいいお風呂がたくさん出てくるので、ぜひ『のの湯』を見て銭湯に行ってほしいですね!

 

■PROFILE

●なお…1995年2月10日生まれ。福岡県出身。A型。連続テレビ小説『半分、青い。』、映画「サムライマラソン」などに出演。2019年4月14日(日)よりスタートする、『あなたの番です』(日本テレビ系)にも出演が決定している。

 

■作品情報

『のの湯』
BS12トゥエルビ
4月14日(日)スタート
毎週(日)後7・00~7・30

<STAFF&CAST>
原作:<著>釣巻和 <原案協力>久住昌之
脚本:宝来忠昭
監督:宝来忠昭、平波亘

出演:奈緒、都丸紗也華、高橋ユウ、福山翔大、中村優一、根岸季衣ほか

<STORY>
浅草で人力車の車夫をしている銭湯好きの野乃(奈緒)は、ある日、立ち寄った銭湯でアパート「湯毛荘」の入居募集の張り紙を見つける。早速内見に向かった野乃だが、ひょんなことから大家の湯毛千世子(根岸)の孫・岫子(都丸)のアルバイトを手伝うことに。
 
●photo/徳永 徹 text/山下紗貴 hair&make/つばきち styling/岡本純子

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える