鈴木一真、約2年ぶりドラマ出演に「舞い上がらないように(笑)」『探偵・由利麟太郎』第4話7・7放送 | TV LIFE web

鈴木一真、約2年ぶりドラマ出演に「舞い上がらないように(笑)」『探偵・由利麟太郎』第4話7・7放送

ドラマ
2020年07月05日

『探偵・由利麟太郎』

吉川晃司主演ドラマ『探偵・由利麟太郎』(フジテレビ系)の第4話、第5話に出演する鈴木一真のコメントが到着した。

本作は、吉川晃司と志尊淳がバディを組んで事件を解決するホラーミステリー。地上波連続ドラマ初主演となる吉川が演じるのは、元警視庁捜査一課長という経歴を持つ白髪の名探偵・由利麟太郎。そんな由利を敬愛する助手で、ミステリー作家志望の青年・三津木俊助を志尊が演じる。

『探偵・由利麟太郎』

7月7日、14日(火)に放送される最終章「マーダー・バタフライ前編/後編」は、“由利麟太郎シリーズ”の中でも最も人気のある「蝶々殺人事件」が原作。舞台は小説と同じく、国の重要文化財でもある大阪市中央公会堂がメインとなっており、撮影も今年2月に同所で行われた。

鈴木が演じるのは、オペラ界のスター歌手・原さくら(高岡早紀)のマネージャー・土屋恭蔵。かつては自身もオペラ歌手として活動しており、さくらを長年支えほれ込んでいる存在だ。鈴木がテレビドラマに出演するのは、約2年ぶりとなる。

『探偵・由利麟太郎』

  1. 1
  2. 2