『BG』最終回!木村拓哉「今の自分たちにできることは160%やり尽くした」【コメント全文】 | TV LIFE web

『BG』最終回!木村拓哉「今の自分たちにできることは160%やり尽くした」【コメント全文】

ドラマ
2020年07月30日

『BG~身辺警護人~』

木村拓哉が主演する『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)の最終話が、7月30日(木)後9・00から20分拡大スペシャルで放送される。

敏腕ボディーガードの島崎章(木村)が丸腰の状態でクライアントの“命の盾”となり、あらゆる危険から守るシリーズ第2弾。今作では、章が利益優先の会社を飛び出して独立。それによって生じた“個人vs組織”の対立が物語の主軸となっている。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で撮影が一時中断しながらも、このほどクランクアップを迎えた木村。「話数も短縮になり、僕としては正直なところ、本来お届けするはずだったメニューは最後まで出しきれていない感があって…そこに関しては、皆さんに対して『本当にごめんなさい』という気持ちでいっぱいです」としつつも、「今の自分たちにできることは、160%やり尽くしたと自負しています。皆さんにもどうか最終回、僕らの160%を受け取っていただけたら、うれしいです!」と語っている。

最終話では、章が最大の敵・劉光明(仲村トオル)の依頼で、警察から逃げる彼をたった一人で警護。そんな章の前に、決裂したバディの高梨雅也(斎藤工)が立ちはだかる。すると章は、高梨を崖から突き落とすという暴挙に出て…。さらに、章自身の命も危険にさらされてしまう。

  1. 1
  2. 2