• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『モトカレマニア』よしこ&超特急カイ・リョウガ・ユーキが副音声で大盛り上がり!

『モトカレマニア』

 新木優子&高良健吾W主演ドラマ『モトカレマニア』(フジテレビ系)の第7話(11月28日(木)放送)で「副音声企画」が実施されることが決定した。

 今回は、2回目の登場となる周防ひろ美役のよしこと、主題歌「Revival Love」を歌う超特急から、カイとリョウガとユーキが登場。超特急の3人はドラマの副音声初挑戦となる。

 前回の副音声(第4話)で絶叫していたよしこは、イケメンに囲まれてご機嫌。また、超特急のユーキの天然なコメントに、全員が一斉にツッコミを入れる場面も。よしこ、カイ、リョウガ、ユーキの爆笑必至の掛け合いに注目だ。

『モトカレマニア』

<よしこ(ガンバレルーヤ)コメント>
◆副音声を終えての感想

「4話のメンディーさんとの副音声も楽しかったですけど、今回は3人のいい男に囲まれて、ちょっとホストクラブにいる感じでした。最高のVIPルームでした!(笑)」

◆第7話の見どころ

「今回はさくらさん(山口紗弥加)の家でのパーティーで、修羅場みたいなハラハラする感じが味わえると思います。女性視聴者の方は多分好きだろなって思う、女性のあるあるなシーンがあって、そこが面白いかなって思っています!」

<カイ(超特急)コメント>
◆副音声を終えての感想

「すごく楽しかったです!作中の話もしたんですけど、雑談も結構しまして…。今思えばほとんど作品から脱線した話だったかなと思います(笑)。よしこさんと副音声をやらせていただいて楽しかったですし、またどこかでご一緒できるようにあらためて頑張りたいなと思いました!主題歌をやらせていただいていますが、これから終盤に向けても何かしらのかたちで携わらせていただければと思っています!」

◆第7話の見どころ

「僕は、山下さん(浜野謙太)推しなので、山下さんがむぎちゃん(田中みな実)と千鶴さん(趣里)の板挟みの中で一体どういう決断を下すのかっていうところが見どころかなと思います!」

<リョウガ(超特急)コメント>
◆副音声を終えての感想

「主題歌のみならず、副音声というかたちで関わらせていただくことは思ってもいなかったので、本当に光栄に思っています!普段は一人でドラマを見るんですけど、こうやってみんなでワイワイしながら見るっていうのも楽しいなと思いました。新しい楽しみ方を発見した気がします!」

◆第7話の見どころ

「今までもシリアスな展開があったと思いますが、今まで以上の緊張した瞬間と衝撃的な展開があり、見ていてハラハラする回でした。最後のほうに入ってくる僕たちの明るい主題歌がどういう入り方をするのかと思っていたんですけど、その瞬間の僕たちは珍しいドアノブの話をしていました…(笑)」

<ユーキ(超特急)コメント>
◆副音声を終えての感想

「副音声はあまりやる機会はないので、いざ副音声をやってみると、すごく楽しかったです!よしこさんに、“実際はどういう人なんですか?”などいろいろ聞いたりして、現場の話を聞きながら副音声ができたので面白かったです。ただ、話を聞いているうちに、役のことなのか本人のことなのか、こんがらがってしまいました…(笑)」

◆第7話の見どころ

「7話にして新たにまさかの物語が始まるかもしれない!というところが見どころです!子犬のようにキュルンキュルンの目をした人のシーンにぜひとも注目してください!最後の最後まで見ていただければと思います!」

<第7話(11月28日放送)あらすじ>
ユリカ(新木優子)は、マコチ(高良健吾)から「好きだ」と告白され、もう一度彼と付き合うことに。朝、目を覚ますと隣には妄想ではないマコチが眠っていることに、幸せを感じるユリカ。マコチは、チロリアン不動産の安藤(小手伸也)たちにユリカとの交際を報告し、皆から祝福を受ける。
一方、さくら(山口紗弥加)は、女性たちに幸せを与え、自身の幸せも追求する輝く女性に贈られる『ハッピーウーマン2019』に選ばれる。だが、その賞を主催しているのが自身の小説『がんそば』を出している出版社だと知ったさくらは、複雑な心境だった。
ある日、チロリアン不動産に、ユリカが旅先で知り合った草木染作家の桃香(矢田亜希子)がやってくる。前夫と住んでいた家を売りたいのだという。マコチは、案件を抱えていたユリカに代わって、桃香の担当を引き受ける。
そんな中、ユリカの発案で、さくらの『ハッピーウーマン2019』受賞祝いのパーティーが開かれることに。海外ドラマに出てくるパーティーのように、知っている人も知らない人も集まってパーッと騒ぎたい、というさくらのリクエストを受け、山下(浜野謙太)やむぎ(田中みな実)、チロリアン不動産の大沢(森田甘路)、白井(関口メンディー)にも声をかけるユリカ。すると、ユリカやひろ美(よしこ)の行きつけの店『BARネコ目』を訪れていたむぎは、店にやってきた千鶴(趣里)をパーティーに誘い…。

木曜劇場『モトカレマニア』
フジテレビ系
11月28日(木)後10時~10時54分

<キャスト>
新木優子、高良健吾、浜野謙太、田中みな実、よしこ(ガンバレルーヤ)、森田甘路、関口メンディー(EXILE/GENERATIONS)、加藤虎ノ介、大地、大倉空人、井上翔太・趣里、小手伸也、山口紗弥加

原作:瀧波ユカリ『モトカレマニア』(講談社「Kiss」連載)
脚本:坪田文(『コウノドリ』シリーズ、映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』他)
プロデュース:草ヶ谷大輔(『トレース~科捜研の男~』『コンフィデンスマンJP』シリーズ 他)
演出:並木道子(フジテレビ開局60周年特別企画『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』他)、相沢秀幸(『トレース~科捜研の男~』『グッド・ドクター』他)
制作著作:フジテレビジョン

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える