• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

成田凌が浜辺美波に手の平で転がされる?『アリバイ崩し承ります』で初共演

『アリバイ崩し承ります』

 成田凌が、浜辺美波主演のテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『アリバイ崩し承ります』(2020年2月1日スタート(土)後11・15)にレギュラー出演する。

『アリバイ崩し承ります』は、大山誠一郎の同名ミステリー小説をドラマ化。時計店の若き店主・美谷時乃(浜辺)が時計修理の傍ら、警察キャリア・察時美幸(安田顕)から1回5000円でアリバイ崩しの依頼を引き受け、謎を解き明かす。

 成田が演じるのは、 原作には登場しないオリジナルキャラクターの刑事・渡海雄馬。いつもスタイリッシュなスーツ姿で“見た目だけは”クール。時乃に恋心を抱いているのか、やたらと様子を伺いに時計店に現れる一方、モテるらしく他の女性たちとのデート現場を目撃されがち。

 父親が国会議員のため同僚や上司からは忖度され、偉そうに指示してくる察時には彼が左遷されてきた真相を調べて何かと反発。察時が時乃の家に下宿していることを知って嫉妬心を燃やし、自分が先に事件を解決しようとムキになって奮闘する。

 時乃には相手にされず、手の平で転がされてしまう空回り気味な役どころだが、成田は「台本を読んで、できるだけ“なんてことない人間”“何者でもない人間”として、作品の中に存在できたら」と。

 浜辺、安田の2人とは初共演で、「お二人ともいろいろな作品で、いろいろな役を演じられているので、今回初めてご一緒させていただくのがとても楽しみなんです。お二人と真剣にお芝居をして、その結果、見てくださる方に笑っていただけたら」と語っている。

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える