柄本佑「爽快快活健康的不倫ムービーです」『先生、私の隣に座っていただけませんか?』完成披露

映画
2021年08月26日
©2021『先生、私の隣に座っていただけませんか?』製作委員会

9月10日(金)に公開される映画「先生、私の隣に座っていただけませんか?」の完成報告会が行われ、黒木華、柄本佑、金子大地、奈緒、堀江貴大監督が登壇した。

本作は「嘘を愛する女」(18)や「哀愁しんでれら」(21)などクオリティの高い作品を輩出してきたオリジナル作品の企画コンテスト「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2018」準グランプリ作品を映画化。黒木華と柄本佑がダブル主演で夫婦役を務める。

夫の不倫を漫画にする漫画家・佐和子役の黒木は「ストーリーが面白くて、登場人物全員が魅力的。読んでいてゾクッとしましたし、脚本を読んだ時に漫画と現実の行き来をどうやって映像化するのかも気になった」と実験的構成に魅了されている様子。

佐和子の夫で漫画家・俊夫役の柄本は「不倫している俊夫が100%悪いし、不倫にも向いてない男。ただ鑑賞後には、俊夫の親しみのある人間的なところに触れられたらいいと思ったし、不倫に向いてない馬鹿正直な俊夫を表せれば監督の思い描く俊夫像に近づけると思った」と役柄を紹介した。

そんな柄本に黒木は「俊夫さんが右往左往してるところがチャーミングでかわいい」と反応。柄本は「憎めないでしょ?」とニヤリとし「この作品は、爽快快活健康的不倫ムービーです。不倫を題材にしてここまで気持ちのいい作品はあまりない。本来ならばドロドロ要素がたくさんあるはずなのに、そこを突き詰めずに別の視点に振るのが面白い」とオリジナルなストーリーに太鼓判を押した。

佐和子と出会う運転教習所指導官役の金子は「教習所の先生なので、ガチガチの佐和子さんを優しくリードする役柄です。でも撮影では逆で、ガチガチに緊張する僕を黒木さんが優しくほぐすような雰囲気を作ってくれました。黒木さんのことを『先生!』と呼びたいくらい」と感謝。それに黒木は「緊張しているような雰囲気はなかった」と驚くと、金子は「このコメントすら優しい!」と黒木の気遣いに笑みを浮かべた。

“爽快快活健康的不倫ムービー”にちなんで、この夏に経験した爽快体験をそれぞれが回答。堀江監督は「妻が洗濯洗剤をこぼした洗面所の掃除。3時間くらい掃除をしていました」と報告。黒木は現在上演中の舞台『ウェンディ&ピーターパン』での経験を挙げ「空を飛んで爽快。10数メートル飛んでいるので、普段見られない景色が見られる。高いところが好きみたい」と答えた。

柄本は「とある地方ロケで6カットある所、引きの1カットでそのシーンがOKになった時。その芝居だけで監督から『分かる』と言われると、やりがいにもつながる」と振り返った。金子はオリンピックで爽快な気分になったそうで「金メダルのニュースを見ると朝から気持ち良く過ごせた。頑張っている人を見るとポジティブな気持ちになって元気をもらえる」と語った。

一方、奈緒は「VRダンス」と明かし「ダンスエキササイズのVRがある。舞台となるクラブで誘われて踊ってうまく踊れると、キャラクターから『連絡先を交換してよ』と言われる。そこも含めて爽快。最近はVIPルームまで行けるようになりました」と明かした。

最後に堀江監督は「ハラハラドキドキできるエンタメ作。キャスト・スタッフのおかげで僕の想像を超える面白い作品になった」と手応え十分。柄本も「王道のエンタメ作。悶々とした気分をスカッと爽やかに払拭してくれる、デトックス効果のある爽快快活健康的不倫ムービーです」とジョーク交じりにアピールした。そして黒木は「佐和子の選択や俊夫のあたふた感を楽しんで見てほしい」と期待を込めた。

作品情報

「先生、私の隣に座っていただけませんか?」
2021年9月10日(金)公開

出演:黒木華、柄本佑/金子大地、奈緒/風吹ジュン
脚本・監督:堀江貴大

公式サイト:https://www.phantom-film.com/watatona/
公式 Twitter:@watatona_2021
公式Instagram:@watatona_2021

©2021『先生、私の隣に座っていただけませんか?』製作委員会

この記事の写真