黒木華「ステージ上でいろんなことが起きるので、“ちゃんと体力をつけないとダメだな…”と思いました(笑)」舞台「ウェンディ&ピーターパン」

特集・インタビュー
2021年08月13日

黒木華インタビュー

世界的に有名な『ピーターパン』の小説版を新たな視点で大胆に翻案した「ウェンディ&ピーターパン」。2013年にイギリスのロイヤル・シェイクスピア・カンパニーによって上演され、話題を呼んだ本作の日本初上演に黒木華さんがウェンディ役で挑む。本番を直前に控えた彼女に作品の魅力、役への思い、そして戯曲に込められたテーマについてお話を伺った。

 

◆まず、出演が決まった時のお気持ちから聞かせてください。

すごくうれしかったです。演出のジョナサン(・マンビィ)とは2016年の『るつぼ』で初めてお仕事をさせていただき、「また一緒にやりたいですね」と話していたんです。それに、今回の作品はみんなが知っている『ピーターパン』の物語を、脚本のエラ(・ヒクソン)さんがウェンディの視点で描いたものなんです。女性の社会的な立場や成長などが表現されていて、ウェンディはもちろん、タイガー・リリーやウェンディのお母さんなど、それぞれの女性がきちんと前を向き進んでいくところが新しくもあり、刺激的だなと感じました。

◆ジョナサン氏の演出は二度目となりますが、どんなところに面白さや魅力を感じていらっしゃいますか?

まず、すごく丁寧なんです。そして、それぞれの役者の良いところを見つけて、引き出してくれる。その上で、役者の挑戦も喜んでくださるんです。今回の稽古場には初めてジョナサンの演出を受けるキャストもいて、そうしたキャストの戸惑いもジョナサンは楽しんで見ているような気がしますね(笑)。また、この作品はすでにイギリスで上演されていて、ジョナサンにとってはすごく大きな意味のある舞台とのことで、今回の日本初上演に向けて、さらにバージョンアップされているとも聞いています。演出を受けていても、ジョナサンがいろいろ模索している様子が伝わってきます。

◆ウェンディについてはどう演じていこうとお考えですか?

稽古をしている中でウェンディは、家族に大きな影響を与える存在だと感じています。壊れかけた家族を自分がなんとかしないといけないと思っている。その思いは、ネバーランドに着いてからも持ち続けていて、それとどう向き合っていくかが、ウェンディのテーマだと思っています。

  1. 1
  2. 2
  3. 3