「007」最新作の世界最大級プレミアにチャールズ皇太子夫妻、ウィリアム王子夫妻も来場

映画
2021年09月30日
©Getty Images for EON Productions, Metro-Goldwyn-Mayer Studios, and Universal Pictures

10月1日(金)公開の映画「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」の世界最大級の超豪華プレミアがロンドンで開催され、主演のダニエル・クレイグらキャスト陣と豪華ゲストが登壇した。

「007」シリーズ25作目、前作「007 スペクター」(15)から実に6年の時を経て公開される本作。ダニエルがジェームズ・ボンドを演じるのは本作が最後となる。「007」のご当地のイギリスでは、全世界最速の現地時間9月30日(木)に公開。それに先駆け、イギリス・ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールでワールドプレミアが実施された。

当日は、主演のダニエル・クレイグはもちろん、最凶の敵、サフィン役のラミ・マレック、ボンドの恋人、マドレーヌ役のレア・セドゥ、ボンドの相棒となるキューバの工作員アナ・デ・アルマス、00エージェントのラシャーナ・リンチ、ダニエルボンドシリーズおなじみのQ役のベン・ウィショー、マネーペニー役のナオミ・ハリスら本作のキャストが勢ぞろい。

シリーズ史上初の米国人監督であるキャリー・ジョージ・フクナガ監督、プロデューサーのバーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソン、そして主題歌「No Time To Die」でグラミー賞最優秀映像作品楽曲賞を受賞したビリー・アイリッシュと兄のフィニアス、音楽担当のハンス・ジマーもレッドカーペットに登場した。

さらに、007ワールドプレミア恒例の“英国ロイヤル”ゲストとして、チャールズ皇太子とカミラ夫人、ウィリアム王子とキャサリン妃も来場。ダニエルボンド”最後の花道”を飾るに相応しい超豪華なプレミアイベントとなった。

本作で15年間演じ続けてきたジェームズ・ボンド役をついに卒業するダニエル。度重なる公開延期を経て、いよいよ集大成である本作が公開されることについて「一同が待ったわけだが、待ったのは幸いだった。もちろんコロナ禍でさまざまなことが止まってしまったので、もし他の形で公開になったならそれは仕方のないことだっただろうが、 この日を迎えられたことに本当にホッとしているよ」と安堵の表情を見せた。

日本で公開を心待ちにしているファンへ「日本に行けないのが残念だ。日本はこの地球上で僕が最も好きなところのひとつなんだ。(日本語で)ありがとうございます! また近いうちに会えることを祈っているよ」とコメントを寄せた。

続いて、本作のメガホンをとったキャリー・ジョージ・フクナガ監督は「祝う時が来たと感じるね。大いに安堵しているし、とにかくいい気分だよ」と感無量のコメント。実は、フクナガ監督は日本(札幌)に半年間住んでいたこともあるそうで「ぜひまた日本に行きたいよ。日本に行くというのはプレスツアーの中でも最も好きなことなんだ。実は本作の撮影が終わったあと、行こうとしていたんだが、日本はかなり早い段階でロックダウン(監督のコメント)となってしまった。本作を楽しんでくださることを心から願っています。近いうちに会えますように」とメッセージ。

 ボンドにいつも振り回されながらもけなげに支え、ボンドに秘密兵器を与えるQ役のベン・ウィショーは「日本の皆さん、こんにちは! 2年もたったあと、ついにこの映画を皆さんに見てもらえる機会が訪れたと言えることがうれしい(笑)。気に入ってもらえることを祈っているよ。そしてビッグスクリーンでぜひ見てもらいたい。この映画はそのために作られたのだから。ありがとう」と、2年の時を経てついに観客に見てもらえる日が来た喜びを語った。

シリーズに欠かすことのできないプロデューサーのバーバラ・ブロッコリとマイケル・G・ウィルソンの2人は「私たちがここロンドンにいるというのはとても重要なことです。かれこれ60年前にボンドが始まったのはこの地であるわけですからね。本作はダニエルの最後の作品ですから、彼とのお別れを良い形でお祝いしたいと思うのです」と話した。

ゲストたちは、フォトセッションやメディアへのインタビュー、ファンとの交流、ステージでのインタビューに答え、会場へと移動。カーペット上が静かで厳かな雰囲気となった後、ウィリアム王子とキャサリン妃が登場し、待ち受けていた本作のプロデューサーであるバーバラ・ブロッコリとマイケル・ウィルソンと談笑するシーンも。

その後、チャールズ皇太子とカミラ夫人が登場。プロデューサー4人がエスコートし会場へ。 15年にも及ぶダニエルボンドの集大成となる本作の公開にふさわしいワールドプレミアとなった。

作品情報

「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ 」
2021年10月1日(金)公開

監督:キャリー・ジョージ・フクナガ
製作:バーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソン
脚本:ニール・パーヴィス、ロバート・ウェイド、スコット・バーンズ、キャリー・ジョージ・フクナガ、フィービー・ウォーラー=ブリッジ

出演:ダニエル・クレイグ、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、レア・セドゥ、ベン・ウィショー、ジェフリー・ライト、アナ・デ・アルマス、ラシャーナ・リンチ、ビリー・マグヌッセン、ラミ・マレック

公式フェイスブック:www.facebook.com/JamesBond007

© 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

この記事の写真