仲村トオル「斎藤工くんが僕を抱きしめたシーンすら覚えてないくらい、撮影中の記憶がないんです」 映画「愛のまなざしを」公開記念カウントダウン特集 第4弾

特集・インタビュー
2021年11月12日

鬼才・万田邦敏監督による愛憎サスペンス「愛のまなざしを」が11月12日(金)に全国公開。TV LIFE webでは、公開記念カウントダウン特集と題して、連日出演者のインタビューをご紹介! 最終回となる第4弾に登場するのは、最愛の妻を亡くした心の傷を、患者である綾子を愛することで埋めようとする精神科医・貴志を演じた仲村トオルさん。万田監督とは3回目のタッグとなる今作。監督が求める動きを表現することに徹していた結果、本番中の記憶がほとんどないそうで…。

 

◆万田邦敏監督とは「UNloved」や「接吻」でもご一緒されていますが、今作の脚本を読んだ時はどんなことを感じられましたか?

シンプルに2つの感想がありました。1つは、また変わった女性が主人公の話だなと。もう1つは、この脚本を万田監督が撮ったら「UNloved」や「接吻」のように僕が好きなタイプの作品になるだろう、という期待です。

◆ヒロインの綾子は不安定すぎるがゆえに共感しづらい女性だと思いました。今回、仲村さんが演じられた貴志が綾子に惹かれていった心境を、どう解釈して演じていらっしゃったのでしょう。

多分、撮影している時は解釈しようとは思っていなかった気がします。撮影が終わり、完成したものを観てから感じたことなのか自分でも定かではないところがありますが、自分の中の空洞を埋めるというか。もしくは、そこまで自覚していなかったと思いますけど、「この傷み」を忘れるためにはもっと新しい傷みが必要だと感じて綾子に惹かれていったんじゃないか…。客観的に考えられるようになってから、そう思いましたね。

◆他の出演者から、万田監督の演出は、感情に関しては話さず俳優の動きを付けていくと聞きました。過去にご一緒された際、戸惑いなどはなかったのでしょうか。

約20年前に出演した「UNloved」のクランクイン前のリハーサルからそうでしたが、監督はとにかく動きとせりふの音、リズムのことだけを徹底して言われるんです。例えば「三歩歩いて止まってください」とか「左から振り返ってください」、それから「あごを引いてください。引きすぎです」「せりふに抑揚はいりません。音はもっと低く、強く」などといったように。そういった指示が全てだったので、そのリハーサルの時はほんの一瞬だけ戸惑いましたが、すぐに“これはすごく面白いな”って思いました。「気持ちを作ってくれ」とか「ここの感情はこうだ」、「このシーンの意味はこうなんです」みたいなことを一切おっしゃらないので、表に現れることこそが表現であり、表に現れていれば「中」はあるように見えるということなのかなと。そう思ってやってみたら、自分では心を込めなかったのに、心がこもったように(映画には)映っていたんです。それは「接吻」でもそうでした。

  1. 1
  2. 2
  3. 3