松井玲奈「続けることは大変だなって。でも、それでもやりたいから続けているんだと思います」 映画単独初主演作品「幕が下りたら会いましょう」

特集・インタビュー
2021年11月23日

11月26日(金)より公開される映画「幕が下りたら会いましょう」で、鳴かず飛ばずの劇団主宰者・麻奈美を演じた松井玲奈さん。自身や周囲との関係に複雑な思いを募らせる難役で映画単独初主演を果たした松井さんに、撮影中の苦悩、そして本作出演による収穫を聞きました。

 

◆松井さんは舞台に数多く出演されていますが、映画、ドラマといった映像作品と舞台では、どのような違いがあると考えていますか?

舞台は映像作品と違って稽古期間が長く、本番期間中も同じ芝居を繰り返しながらどんどんブラッシュアップしていく…そこは映像作品とかなり違うところだと思いますね。なので舞台の時は、毎回同じことをやる楽しさがありつつ、慣れてしまわないように心がけています。一方で映像作品は、その瞬間瞬間の瞬発的な表現を大切にできるのがいいところかなと。

◆「幕が下りたら会いましょう」は、松井さんにとって映画単独初主演作となります。出演の話を聞いた時の印象を教えてください。

そういったポジションを任せていただけることが、ありがたかったです。お話を頂いたタイミングでプロットを読んだのですが、失った妹との時間をどうしたら修復できるかという、自分自身の過去や家族と向き合うお話だったので、とても演じがいがあり、またやってみたい役だと思ったことが強く印象に残っています。

©︎avex entertainment Inc

◆前田聖来監督とは、どのような話をしたのでしょうか?

撮影に入る前に、台本について何度かお話する機会を頂いて。麻奈美という役を演じる上での疑問点や、感情の流れとして気になった部分についてお話しながら、どうしたら作品全体がより良くなるか、ディスカッションさせていただきました。

◆麻奈美は松井さんと同世代です。演じていて共感した部分はありましたか?

共感みたいなことはあまり考えずに演じていましたね。自分自身と似ているところを探すよりは、彼女自身が何を考えていたのかを探っていた感じです。特に監督から「感情表現を抑えてほしい」と逐一言われていたので、内に秘めた思いを抑えることによって溢れ出してくるような、そういう部分を大切に演じました。

◆では、演じる上で難しかったことは?

やはり、その感情表現を抑える部分が一番難しかったです。腹が立った時もうれしいことがあった時も、あらゆる感情を抑えてぶっきらぼうに演じてほしいと言われていたんですが、最初はなかなか慣れなくて大変でした。

©︎avex entertainment Inc

◆感情を表に出さない分、せりふの言い回しなどで工夫したり?

せりふの言い方で意識したことはないですが、相手に届ける時の届け方は、普段とは違うなと思いました。やっぱり、それだけの信頼関係が構築できていないと、ぶっきらぼうで、ある意味ぞんざいな言い回しにはならないと思うので。そこには相手との信頼関係があったり、彼女の甘えみたいなものもあったりするんじゃないかなと。そう思いながら演じていました。ただ、私は普段、そういう接し方をしないので、そういう意味ですごく難しかったですね。

◆あらためて、松井さんは麻奈美をどんな女性だと考えていますか?

やっぱり、どこか人に甘えている部分があったり、自分自身と向き合うことから目を背けて生きてきたような印象があります。ところが、妹の尚が亡くなったことによって、そこから自分や家族と向き合うことを始めていくんですよね。

  1. 1
  2. 2
  3. 3