『ザ・マスクド・シンガー』エピソード7 ニンジャの正体は人気芸人【ネタバレあり】

バラエティ
2021年10月05日
©2021 Amazon Content Services LLC

Amazon Prime Videoで配信中の『ザ・マスクド・シンガー』エピソード7が、10月1日(金)に配信された。(以下ネタバレを含みます)。

本作は、全世界50か国が熱狂している音楽ライブエンターテインメントの日本版となるオリジナル作品。個性あふれるコスチュームに身を包んだ12人のマスクドシンガーの圧倒的なパフォーマンスバトルと、その正体の推理を楽しむ、新感覚の音楽ライブエンターテインメント。大泉洋がMCを務め、パネリストとしてMIYAVI、Perfume、水原希子、バカリズム、ゲストパネリストのアンタッチャブル・柴田英嗣が出演する。

エピソード7は、ここまでし烈なパフォーマンスバトルを勝ち上がったMissテレビジョン、ローズ、ニンジャ、バード、ネオンパンダ、連獅子の6人が豪華なパフォーマンスを繰り広げた。Missテレビジョンは「レベッカ」(フレンズ)、ローズは「CAT’S EYE」(杏里)、ニンジャは「if…」(DA PAMP)、バードは「限界LOVERS」(SHOW-YA)、連獅子は「Flavor Of Life」(宇多田ヒカル)、ネオンパンダは「フライングゲット」(AKB48)を披露。マスクドシンガーの口から正体の決定的なヒントとなる“Moment of Truth”が明かされると、そのヒントによってパネリストたちは確信しきっていた予想を覆され、推理がますます難航するひと幕も。

惜しくもマスクを脱ぐことになったのは、爽快なハイトーンボイスと軽やかなダンスで会場を盛り上げてきたニンジャ。「Take it off!」の掛け声に会場の期待は最高潮に達し、ついにマスクを外し現れたのは、トレンディエンジェルの斎藤司で、パネリスト陣全員の予想が外れる結果に。

©2021 Amazon Content Services LLC

アイドルグループ・吉本坂46のメンバーとしても活躍する斎藤は「ミュージシャンやアイドルにずっと憧れていたので、歌声だけで勝負したいという気持ちとともに挑みました」と、出演のきっかけを明かす。番組の最後にはマスクを外した芸人・斎藤として、再び「if…」を披露した。

次回10月8日(金)に配信されるエピソード8では、Missテレビジョン、ネオンパンダ、連獅子、ローズ、バードの5人がパフォーマンスバトル。公開された映像には、マスクドシンガーたちの個性あふれるステージが映し出され、予想外の展開に会場は驚きに包まれる。

『ザ・マスクド・シンガー』エピソード8見どころ

番組情報

Amazon Prime Video
『ザ・マスクド・シンガー』(全9話)
配信中
毎週(金)後8・00より独占配信中

MC:大泉洋

パネリスト:MIYAVI、Perfume、水原希子、バカリズム
エピソード7、8ゲストパネリスト:柴田英嗣(アンタッチャブル)

作品ページ:https://www.amazon.co.jp/dp/B09B8XJMKX
公式Twitter:@PrimeVideo_JP
公式Instagram:primevideojp

©2021 Amazon Content Services LLC

この記事の写真