かまいたち山内が“絶対に金を貸したくない芸人”とギャンブルゲーム対決『ぜにいたち』

バラエティ
2021年11月16日
かまいたち(山内健司、濱家隆一)

かまいたちがMCを務めるレギュラー番組『ぜにいたち』が、11月15日(月)にABEMA SPECIALチャンネルで放送された。

今回の放送では、「なるほどゼニナール プロヒモの世界」と題し、13年間で7人の女性に寄生し、生活費をすべて女性に負担してもらっている“プロヒモ師”こと、ふみくんに密着。一見、地味なルックスのふみくんがどうして“ヒモ”生活を送れているのか、そのスゴ技を徹底解剖した。

素朴な外見のふみくんに対し、山内健司は「男前のシュッとした人しかヒモはできないと思ってた」とコメント。だが、朝7時から黙々と家事をこなし、彼女ファーストな行動をするふみくんに対し、徐々にかまいたちは「真剣にヒモしてるな」「真っ直ぐなヒモやな」と賞賛するように。

©AbemaTV,Inc.

「働くのは嫌だ。勘弁してほしい」と語るいっぽう、超多忙な生活を送るふみくんに対して山内は「仕事してんねん!」と絶叫。濱家隆一も「音楽(BGM)を変えたら、『プロフェッショナル』やぞ!」とツッコミを入れた。

スタジオには、ふみくんに加え、“ゼニ”について特殊な経験を持つ「ぜにいたち軍団」として、2人の“プロヒモ師”も登場。かまいたちは、5人の女性に生活を支援してもらっている生駒卓也氏を、その豪快さから「綱」、実家で暮らしながら、女性から細々とお小遣いを得ている神谷ウメボシ氏を「糸」と例える。

ふみくんを山内が「ハーネス」と例えると、スタジオは笑いで包まれた。「ハーネス」のように包まれるような“進化系”プロヒモ生活で、7人もの女性を骨抜きにしたふみくんのテクニックとは…。

クロスバー直撃

番組の後半では、「“ギャンブラー”なかまいたちの姿が見られる」と視聴者から好評を得ている「ハマる!芸人考案ギャンブルSHOW」を実施。本放送回では、かまいたちの1年先輩にあたる芸歴17年のお笑いコンビ・クロスバー直撃がオリジナルギャンブルゲームを携えて登場した。

ゲーム開始前に、クロスバー直撃の前野悠介が、「俺のおらんところで、俺の名前出しすぎやで!」とかまいたちに猛クレーム。以前、本番組内で「絶対に金を貸したくない芸人」として、山内が名前をあげていたことを指摘し、「初めてお会いした作家さんに『確かに金貸したくないね!』って言われて。犯人探ったらこの番組やったんや!」と訴える。

そんなクロスバー直撃が持ち込んだ「ししおどしゲーム」は、ししおどしにコインを投げ入れ、倒すことができたらコインを総取りすることができるゲーム。濱家と山内のタイマン勝負で挑むが、なかなか倒れないししおどしに2人のストレスが溜まっていく。

濱家が「(コインを投げ入れるラインから)足が出なかったらいいですか?」と確認すると、ストレスが最高潮となったかまいたちの2人が息の合ったコンビプレーで大暴走。毎回恒例となった悪だくみをするかまいたちに、視聴者からも多くの反響が寄せられた。

濱家隆一

また、クロスバー直撃は「飴or室井ゲーム」も披露する。このゲームは、口の中に飴をほおばっているか、それとも大人気作品「踊る大捜査線」の柳葉敏郎演じる室井管理官のモノマネをしているのかを推理する心理バトル。

ルールを聞いた山内は「みんな、このコーナー用に新作ゲームを持ってきてもらってますよね…?」と疑問を投げかける。濱家も「10年やってますやん」と指摘。かまいたちの2人にとってはおなじみのゲームということで、山内は「僕は見学します」と試合放棄を宣言してしまう。

果たして、かまいたちは“飴”か“室井”か、見破ることはできるのか。かまいたちと気心の知れた“くされ縁”であるクロスバー直撃との対決の行方が気になる本放送の模様は放送後7日間、無料で見逃し配信中だ。

番組情報

『ぜにいたち』
ABEMA SPECIALチャンネル
2021年11月15日(月)後11・00〜
※放送後7日間、無料で見逃し配信中

URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/E8tvDD1SAcUChV
番組公式YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UC8KHhMO7NQZMYuCa3iF7nrA
番組公式Twitterアカウント:https://twitter.com/zeniitachiABEMA

©AbemaTV,Inc.

この記事の写真