• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

SKE48 全国ツアー約10か月ぶり再始動!サプライズ演出にファン大歓声

『SKE48  47都道府県全国ツアー~機は熟した。全国へ行こう!~』 SKE48全国ツアー『SKE48 47都道府県全国ツアー~機は熟した。全国へ行こう!~』が2月18日に千葉県文化会館で再始動した。

 2014年11月に愛知県・アイプラザ豊橋を皮切りにスタートしたSKE48全国ツアー『SKE48 47都道府県全国ツアー~機は熟した。全国へ行こう!~』。2016年4月以来、約10か月ぶりとなる公演で、23番目の会場となった千葉県文化会館は、ツアーの再開を心待ちにしていたファンで埋め尽くされた。

 舞台の幕が上がり「握手の愛」が流れると、ステージと客席からメンバーが登場。今回のツアーのために作ったタブロイド紙をメンバーがファンに配布するというサプライズ演出に、会場から大きな歓声が上がった。

 ツアーメンバー18人全員で「恋を語る詩人になれなくて」「チャイムは LOVE SONG」など SKE48の人気楽曲を披露すると、キャプテンの斉藤真木子が「久々のツアーということで(SKE48のツアーを)待ち望んでここまで足を運んでいただいた皆さん、ありがとうございます!今日は皆さんに会えてうれしいという気持ちを前面に出して盛り上がっていきたいと思います」とあいさつ。千葉県出身の山内鈴蘭は、出身地での凱旋コンサートに瞳を潤ませた。

 メンバーの自己紹介が終わると、注目のユニット曲に。トップバッターは、小畑優奈、松本慈子、髙寺沙菜の3人が「Glory days」をフレッシュにパフォーマンス。6期生の北野瑠華、熊崎晴香、竹内彩姫は「フィンランド・ミラクル」をキュートに披露、2期生の後藤理沙子、石田安奈は「眼差しサヨナラ」を妖艶に歌い上げた。

 江籠裕奈は松井玲奈(2015年卒業)のソロ曲「枯葉のステーション」を。キャプテン斉藤、木本花音、松本の3人は「クロス」で迫力のパフォーマンスを見せた。

 MCコーナーでは、千葉県マスコットキャラクター“チーバくん”が登場。北川綾巴は「着ぐるみ、怖ーい!」とチーバくんを“着ぐるみ”呼ばわりして逃げ回り、他メンバーは「不思議な生き物だよ!」と総ツッコミ。会場は爆笑に包まれた。

 コンサート終盤では、SKE48デビューシングル「強き者よ」「賛成カワイイ!」「オキドキ」など人気シングル曲を全メンバーで披露。「遠くにいても」を歌い上げ、本編を終了した。

 昼公演のアンコールでは、今回のツアーには不参加予定だった大矢真那、松井珠理奈、高柳明音、古畑奈和、松村香織、須田亜香里、谷真理佳がサプライズ登場。「今日はツアー再開初日ということで、私たちも遊びに来ちゃいました~!」と珠理奈がコメントし、大場美奈を除く選抜メンバーと凱旋公演となった山内鈴蘭の18人で、2月22日(水)発売のSKE48 2ndアルバム『革命の丘』のリード曲「夏よ、急げ!」をサプライズ披露した。

 竹内彩姫が「皆様の力が合わさってツアー再開が実現できたと思っています。この会場にいる湯浅(支配人)さーん、次のツアーの予定を教えてください!」と茶化していると、スタッフからキャプテンの斉藤にメモが渡され、4月7日(金)香川県【サンポートホール高松】と、4月8日(土)高知県【高知県立県民文化ホール】のツアー開催スケジュールがサプライズ発表された。これに対し竹内は、「(湯浅支配人に)すみませんでした~」と謝り、ファンの笑いを誘った。

 最後に江籠が「私たちSKE48があるのは、皆さんのおかげです。笑顔と声援を受けて、(この千葉公演を)最後まで突っ走ることができました。これから回ってない都道府県に行って、新しいSKE48ファミリーが作れるように、もっともっと頑張っていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」とあいさつし、ツアー再開となった千葉公演を締めくくった。

SKE48公式サイト:http://www.ske48.co.jp/

©AKS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える