• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

二宮和也の「豪快!」感想に、大野智「オレは間違ってなかった」

110011_01_R キリンビール「47都道府県の一番搾り」の新CM発表会が行われ、CMキャラクターを務める嵐の大野智、二宮和也が出席。“地元の誇りをおいしさに変えて”をスローガンに打ち出し全国47都道府県ごとの味わいが楽しめる一番搾りをPRした。

 4月4日(火)から順次発売が開始される「47都道府県の一番搾り」。昨年に引き続き同ビールが発売されることに二宮は「久々にこれ(CM)ができるっていうのが嬉しかったですね。(47種類の味に)びっくりしましたよ。それぞれの地方ごとに味わいがあるし、出張先のビールを楽しめるのは“ならでは”だと思いますね。旅行のついでに楽しめるのはいいですよね」と感想を。大野は「皆様よりお先に地元の誇りを楽しませていただきました」と笑顔で「47種類の一番搾りを作ると聞いて正直最初はびっくりしました(笑)。47個の味ですもんね。すごいことだと思います」と振り返った。

この日は、47都道府県の一番搾り新パッケージと広告ビジュアルも初お披露目され、ステージ上には47缶の一番搾りがずらりと並んだ。大野はCM中で二宮が飲んだ“京都に乾杯”を、二宮は大野がCM 中に飲んだ“鹿児島に乾杯”をそれぞれ選び試飲することに。「あぁ~はんなり」と声を上げる大野に「渋いですね(笑)」と二宮がツッコむと「はんなりでちゃう。京都ならではの上品さを感じましたね」と味わいを堪能していた大野。続く二宮からは「あ~なるほど。豪快!」とCM中の大野と同じく“豪快”のフレーズが飛び出し、大野も「やっぱり出てしまいますよね」とにんまり。「ついね、出てしまう。CMは間違いじゃないんだって」とうなづく二宮に「オレは間違ってなかった!(笑)」と満足気な笑顔を浮かべていた。

嵐が出演する新CM「一番搾り 全国47都道府県の誇りをおいしさに変えて」篇では大野、二宮のほかに櫻井翔が“鹿児島に乾杯”、松本潤が“名古屋づくり”、相葉雅紀が“千葉に乾杯”を楽しむ様子が描かれている。放送は4月4日(火)よりスタート。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える