• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

国分太一、台東区の思い出は「上野駅前で山口君が自衛隊にスカウトされた」東京2020オリンピック・パラリンピック フラッグツアー

112985_01_R - コピー「東京2020オリンピック・パラリンピック フラッグツアー フラッグ歓迎セレモニーが東京・台東区で行われ、スペシャルアンバサダーの国分太一(TOKIO)とアンバサダーの上地結衣(パラリンピアン・車いすテニス)、服部征夫区長、太田雅久議長が登壇。

 本セレモニーは、都内62区市町村や東北3県など全国にオリンピックフラッグ・パラリンピックフラッグを届ける「東京2020オリンピック・パラリンピック フラッグツアーセレモニー」は2016年10月からスタート。今回は、台東区の国立西洋美術館・前庭で行われた。

 台東区の思い出ということで国分は「13歳、14歳のころにメンバーの山口(達也)君と上野にある革ジャンショップによく行ってまして。その際に駅で山口君がスカウトされまして…それが自衛隊だったんです!(笑)」というエピソードに会場は笑いに包まれた。

 また上地選手は、リオ大会で印象深かったエピソードとして「観客の声援の仕方」を挙げ、「テニスはどちらかと静かに応援する競技なんですが、(リオ大会)はお祭り感覚のよう。最初は集中するのに時間がかかったんですが、最後にはその応援が心地よく感じた」とコメント。さらに第1試合のときの相手がブラジル選手だった際には「自分がサービスエースを決めるとブーイングが。なかなかテニスでブーイングを受けることはないので、すごく貴重な体験でした」と当時の試合を振り返った。

 国分から「ロンドンオリンピックから錦織(圭)選手を続けて取材させていただいていたら、最終的にサイン入りラケットをいただきました。(上地選手を見ながら)上地さんもよろしければサイン入りラケットをお願いします、本気です!」とアピールが。これには「使っていただけれるなら」と上地選手は快諾した。すると「錦織選手にも『飾らずにサインが消えるまで使ってください』と言われて、今実際に使っているんです。これを友達に話したら『本気にするな』って言われまして(笑)…本気にしていいですか?」と国分が不安そうに質問するも「もちろん!使ってもらうのが一番なので」と上地選手が笑顔で答えた。

 最後に「私たちがプレーしていて一番力になるのは皆さんの応援。今、ロンドン大会、リオ大会を経て金メダルに対する気持ちがますます強くなっているので、東京大会では念願の金メダルを狙えるように頑張ります」(上地)、「東京オリンピック・パラリンピックの成功は選手がメダルを獲ることも大事ですが、僕たちが外国から来た方をどうお招きするかも成功のひとつだと思う。皆さんで盛り上げていきましょう!」(国分)と力強いメッセージを送りました。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える