• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

木村拓哉が高校生に特別講義「周りのみんながいて自分たちが輝く」

映画「無限の住人」 4月29日(土)公開の木村拓哉主演映画「無限の住人」の三池崇史監督が埼玉県立富士見高校で特別講義を実施。サプライズで木村、杉咲花、福士蒼汰、満島真之介が登壇した。

 今回、主人公・万次が不死身(ふじみ)であることにかけて、埼玉県立富士見(ふじみ)高等学校で、『新学期を迎える皆さんへ特別講師が講演を実施する』という名目で、全校生徒約700名が体育館に集合。三池監督が特別講義を行うことが事前アナウンスされていたが、サプライズで木村、杉咲、福士、満島が登壇した。

 生徒の大きな声援を受けて登壇した三池監督は「ラブストーリーがあんまり得意じゃない監督が今度はぶった斬りエンタテインメントをつくりました」とあいさつ。第70回カンヌ国際映画祭アウト オブ コンペティション部門に公式選出され、6回目のカンヌ国際映画祭選出の話題から「世界を意識しているのか」と聞かれると「特に世界を意識しているわけではなく、目の前にあることに無我夢中で取り組んできた結果です。夢はなかなかかなうものではないから、無心でやっていくことが大切」と語った。

 さらに作品の話になると「この作品は斬り合いもありアクションも見どころですが、どうして斬り合うのかというようなドラマが豪華なキャストの皆さんに集まってもらって実現できました。映画監督になるなんて思ってもみなかったことですが、奇跡的な出会いがあって、今こうしてやらせてもらっています。思ってもみなかったこというのは、意外と起こるんです。いくら説教っぽく言ってもしょうがないと思うので、皆さんにも体験してもらおうと思います」と。

 場内がざわつく中、「キャストの皆にも来てもらっています」とキャスト陣が呼び込まれ、割れんばかりの大歓声が起こった。木村は「こんにちは。(不死身と富士見)字はまったく違うのですが、これも何かの縁ということで、よろしくお願いします。生徒と先生のコミュニケーションがとれているのか、やんちゃな子がいないですね(笑)」、杉咲は「今日は短い間ですがよろしくお願いします。高校生の頃はリレーの選手でした。今もちょっと速いです」、福士は「高校生の皆さんのパワーすごいですね、もし今高校生に戻れるとしたら、留学をしてみたいです」、満島は「ハローエブリワン、体育の先生みたいな格好していますが、今が小学生のような気分なので、高校時代に戻ってもしょうがないですね(笑)」とそれぞれあいさつした。

 ここで、監督・キャストによる特別講義・高校生からのお悩み相談がスタート。「1年の3学期の最後に、進路講話をしてくださった3年生の先生が、今から進路を決めるのは遅いと言われました。私はまだ自分の進路が全く決まっていない状態で悩んでいるのですが、三池監督は、進路をどのように決めましたか?」という質問に、三池監督は「先生は早く進路を決めなければいけないのではなくて、大人になっていく自覚をもって真剣に考えなさいというアドバイスをくれたんだと思います。夢を聞かれても答えられない人も多いと思いますが、自分もバイクレーサーになりたいと思っていたけど、才能がなくて断念。でも映画に居場所がありました。自然体で一生懸命目の前のことに取り組んで、全力で楽しんでいれば大丈夫でしょう」と回答した。

 続いて「実は、部活の顧問の先生にひと目ぼれして陸上部に入ったのですが、思っていた以上にキツくて先生がいない時の部活はヤル気があまり出ません。そういう時のやる気の出し方を教えてください」という質問に、木村は「この場でこの相談をされても非常に困っちゃうんですけど」と言いながら、陸上部顧問の先生をステージ前に呼び込むサプライズ。質問した当人と陸上部の部長も前方に呼んで、「どういうことなの?」と聞くと、生徒はタジタジに。部長が責任をもって見守ることで一件落着となった。

 「失敗した時の気持ちの切り替え方を教えてください」という悩みには、杉咲が「私は失敗しても眠ると忘れちゃうんです。あとはお風呂に入るとか、ご飯を食べることですかね」と答え、自身が出演しているCMとかけて「あ、あと回鍋肉!」と続けて場内を盛り上げた。

「私は、この学校に入って目指す夢を見つけましたが、どのようなきっかけで夢を見つけましたか?」という質問には、福士が「僕も高校生のころは夢がなかったのですが、お仕事をやっていくうちに責任が出てきて負けたくないと思った時、夢が生まれました」と。

 続いて満島が「初対面の人と話すのが苦手なのですが、人とコミュニケーションをとる上で何か気をつけていることはありますか?」という悩みに「まずは世界共通の、目を見てあいさつするということを実践しよう。無理に話す内容を考えたりしなくても、自然としゃべりたいことが生まれてくるはずだよ。素敵な現場ではみんなしっかりとあいさつをするから、先生も生徒のみんなも心掛けてもらえると最強の富士見高校になると思うよ」と回答。場内には自然と拍手が起こった。

 最後に木村が「皆さんの時間を使わせていただきありがとうございました。『無限の住人』は三池組の一員として撮影に臨ませていただきました。自分1人の力だと勘違いしてしまいそうになる時もあるかもしれませんが、周りのみんながいて自分たちが輝くということを忘れず、周りのみんなを感じて(万次とは違う)限りある命を生きていってほしいと思います。映画を観た後で、もっともっと全力で、もったいない時間を過ごさずに全力の人生を生きてもらえたらと思います」と締めくくった。

映画「無限の住人」
4月29日(土)全国ロードショー

木村拓哉
杉咲花 福士蒼汰
市原隼人 戸田恵梨香 北村一輝
栗山千明 満島真之介 金子賢 山本陽子
市川海老蔵 田中泯 / 山﨑努

原作: 沙村広明「無限の住人」(講談社『アフタヌーン』所載)
監督:三池崇史
脚本:大石哲也
音楽:遠藤浩二
主題歌:MIYAVI「Live to Die Another Day-存在証明-」(UNIVERSAL MUSIC)
製作:映画「無限の住人」製作委員会
制作プロダクション:OLM
制作協力:楽映舎 東映京都撮影所
配給:ワーナー・ブラザース映画

映画「無限の住人」オフィシャルサイト:http://www.mugen-movie.jp

©沙村広明/講談社©2017映画「無限の住人」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える