• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

人気ゲームを舞台化「『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺」CS日テレプラスで6・24放送

舞台「『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺」 舞台「『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺」が、CS日テレプラスで6月24日(土)にテレビ初放送。あわせて、「舞台『刀剣乱舞』密着スペシャル」も放送される。

 舞台『刀剣乱舞』は、人気PCブラウザゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」を舞台化。今回放送される「虚伝 燃ゆる本能寺」は、2016年5月に上演され、今年6月には「義伝 暁の独眼竜」の上演を控えている。

 舞台「『刀剣乱舞』密着スペシャル」は前篇が5月28日(日)に、後篇が6月19日(月)に放送予定。

<ストーリー>
西暦2205年。
歴史改変をもくろむ「歴史修正主義者」が過去への攻撃を開始した。
対峙する時の政府は歴史の守りとして「審神者(さにわ)」なる者を過去へと派遣する。
物の心を 励起する審神者の力によって生み出された、刀剣に宿りし付喪神「刀剣男士」たちは、審神者と共に歴史を守る戦いへと身を投じる。
ある日、彼らの本丸に新しい刀剣男士が顕現する。
不動行光──戦国武将・織田信長が佩用し、彼に仕えた近習・森蘭丸へと授けられることとなる一振りである。不動行光は信長の愛刀であったことの誇りを顕わにするが、同じく信長を元主とする宗三左文字、へし切長谷部、薬研藤四郎らとうまく噛み合わない。
近侍に任命された山姥切国広は、不動行光の参入により和の乱れた本丸を立て直そうと奔走する。
そのさなか、審神者より天正十年──織田信長が果てた歴史的事件「本能寺の変」へ出陣の命が下るのだった――。

<スタッフ>
原案:「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMM GAMES/Nitroplus)
脚本・演出:末満健一
音楽:manzo テルジヨシザワ

<キャスト>
三日月宗近:鈴木拡樹 山姥切国広:荒牧慶彦/宗三左文字:佐々木喜英 江雪左文字:輝馬 小夜左文字:納谷健/薬研藤四郎:北村諒 へし切長谷部:和田雅成 不動行光:椎名鯛造/一期一振:廣瀬大介 鯰尾藤四郎:杉江大志 燭台切光忠:東啓介/鶴丸国永:染谷俊之/森蘭丸:丸目聖人/明智光秀:窪寺昭

舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺
6月24日(土)23:00

番組ページ:http://www.nitteleplus.com/program/stage/stage_st_touken_kyoden.html

舞台『刀剣乱舞』密着スペシャル(前篇)5月28日(日)17:30 ほか
舞台『刀剣乱舞』密着スペシャル(後篇)6月19日(月)11:00 ほか

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える