• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

今夜放送!鈴木亮平インタビュー「僕も実は基本的に子どもです」『連続ドラマW 宮沢賢治の食卓』

124744_01_R“ヤング宮沢賢治の愛と青春の旅立ち”を描いた物語『連続ドラマW 宮沢賢治の食卓』がWOWOWにて6月17日(土)放送。放送を直前に控え、主演を務めた鈴木亮平のインタビューが到着した。

 国民的作家・宮沢賢治の若き日に愛した食や音楽とともに贈る感動作『連続ドラマW 宮沢賢治の食卓』。インタビューでは、鈴木が自身との共通点を交えながら本作における賢治像や「食」への向き合い方について明かしている。

【鈴木亮平インタビュー】
 普段仕事の場では、ひた隠しにして生きてますけど(笑)、僕も実は基本的に子どもです。空想したりすることも多いですし…彼ほど天才的な何かがあるわけではないですけど、似ているものを感じます。賢治って“空想好き”というイメージがあったけど、実はその根底には圧倒的な科学による裏付けや知識がある。学者肌で、気になったらとことん調べるところは、僕も少しあるかなって気もします。石ひとつ見ても、賢治には何ていう種類の石で、どういう風にできていて…ということが全てわかって、周りの地形も見えてくる。それだけの知識量があるということは本当に尊敬します。
あと、食べたものに対する感謝がすごく強い人なんじゃないかなって思います。想像力と知識があり、感性も豊かなので、コロッケひとつでも、イモがどうやって作られて、この甘さの元は…といったことが全部わかる。ただ「おいしい」だけじゃなく、歴史から何から全てが入ってきて「あぁ!いまこれを食べられるってなんて幸せなことなんだろう!」って感じるんじゃないかと思います。僕も減量中においしいものを食べた経験がありますが、芝居では絶対にこんなリアクションはしないよってくらい「メチャクチャおいしい!」というリアクションをするんです。絶対に目を閉じるんですよ(笑)。本当に体が求めて「食べたい!」と思って食べると、感覚を全部、味覚に集中させるんです。今回、その経験を活かせる部分があるなと思います。

『連続ドラマW 宮沢賢治の食卓』
6月17日(土)スタート [WOWOWプライム]
毎週土曜後10・00~※第1話無料放送
©WOWOW
特設サイト:http://www.wowow.co.jp/dramaw/kenji/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える