• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

北朝鮮の実情に迫るCNN特別番組「秘密の国家―北朝鮮の内側」9・16放送

「秘密の国家―北朝鮮の内側」 北朝鮮市民の生の声や生活の実情を紹介する特別番組「秘密の国家―北朝鮮の内側」が、CNNインターナショナルで9月16日(土)に放送される。

 北朝鮮との緊張が沸点に近づき、ほとんどのアメリカ人が北朝鮮への渡航を禁止されているいま、CNNカメラがこの秘密主義的な国に入り込み、国外のほとんどの人々が見たことのない場所を訪れる。レポーターは、過去3年間のあいだに北朝鮮を15回訪れたCNNインターナショナルの特派員ウィル・リプリー(Will Ripley)。

 リプリーとクルーは、韓国との国境付近の重武装地帯から旅を始め、停電や食糧不足の危機にさらされる貧しい辺境地域に足を踏み入れ、凶暴なミサイル実験が行われている沿岸部へと向かう。クルーは、消費人口が増大している平壌の大都会も通り、中国との国境線付近にそびえる北朝鮮の聖なる山にも登る。

 この旅を通じて、CNNはこれまで外国のジャーナリストとの接触を許されなかった北朝鮮の人々と話すことに成功。北朝鮮政府提供のボディガードの用心深い監視のもとで、これらの前代未聞のインタビューは、金正恩の権威主義体制のもとで暮らす人々の生活や希望についての驚くべき事実を明らかにした。

 沿岸部に位置し、北朝鮮の主要なミサイル発射地点の1つである元山市では、ミサイルの発射を実際に目撃し「大きな誇りを感じた」という現地の住民に話を聞く。また、アメリカ人が敵として登場するビデオゲームで遊ぶ2人のティーンエイジャーの少年にも話しかける。さらに、リプリーは自らがアメリカ人であることを伝えた途端に気まずそうな顔になった10代の子供たちにもインタビューを行う。この子供たちにとって、リプリーは初めて出会ったアメリカ人だった。

 その後クルーは、前NBAスターであるデニス・ロッドマンのサプライズ訪朝情報を受け、平壌国際空港に戻る。時期を同じくして、北朝鮮に抑留されていたアメリカ人大学生オットー・ウォームビアーの秘密裏の引き渡しが行われたが、この青年は釈放の6日後に亡くなっている。

 旅の最後にクルーは、平壌の北方に位置し、海外のレポーターがほとんど訪れない場所、白頭山に登る。北朝鮮と中国との国境線上に位置する活火山である白頭山は、朝鮮半島における最高峰であり、北朝鮮の人々にとっての聖地でもある。クルーは白頭山への途上、北部国境線付近の地域を移動し、近辺に位置する北朝鮮の典型的な村を訪れる。

 北朝鮮の画像や映像は、ウィル・リプリー(Will Ripley)のTwitter、Instagram、Facebookでも公開されている。

「秘密の国家―北朝鮮の内側」トレイラー
http://cnn.it/2h33joH

「秘密の国家―北朝鮮の内側」
CNNj(http://www.jctv.co.jp/cnnj/)にて放送

9月16日(土)11:00~、21:00~
9月17日(日)4:00~、16:00~
9月18日(月)0:00~、18:00~

※放送時間、番組内容などは臨時ニュースなどにより、予告なく変更になる場合があります。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真