• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

永作博美が市原隼人の「超かわいかった!」に照れ笑い

『連続ドラマW 沈黙法廷』 9月24日(日)スタートの『連続ドラマW 沈黙法廷』(WOWOWプライム)の完成披露試写会が行われ、主演の永作博美、市原隼人、田中哲司が登壇した。

 本作は、直木賞作家・佐々木譲が初めて挑んだ法廷ミステリー『沈黙法廷』を連続ドラマ化。主人公である連続殺人事件の容疑者・山本美紀役を永作、美紀を想い、彼女を信じ続ける青年・高見沢弘志役を市原、世間が注目する美紀の弁護に名乗りをあげる弁護士・矢田部完役を田中が演じる。

 永作は「こんな大人な作品をやらせていただけると聞いて非常にうれしかったです。お話をいただいてから、作品を読んでみて、佐々木譲さんの作品は透明感というか誠実な感じで、こんなにすごい役ができるのかと不安になりました」と。

 市原は「多面性があるような作品で、ある意味観てるお客さんを試すような、僕自身も初めて観た時に試されているような感覚に陥りました。美紀が起こす行動とか笑顔や言葉は、善なのか悪なのか、見る人の価値観や人生観によって感じ方が変わる作品です」と本作の魅力を語った。
 
 田中は「オファーをいただいて、小説から読んで、泣いてしまいました。私が演じる弁護士がすごく格好いい役だったので、できるかなと思っていたのですが、完成した台本を読んでみたら、役の設定がダメ~な感じに変わっていたので、これなら僕でもできる!と安心しました」と語り、会場の笑いを誘った。

 撮影を振り返って永作は「ひと言しゃべるのが怖くて怖くて、セリフが少ない分、それに全てが込められてしまうので、こんなに怖いのは久しぶりでした」と苦労を語った。市原は「常に美紀を追い求めている役なので、現場で永作さんと会うのが素直にうれしかったです(笑)」と笑顔。さらに「魅力的な方で、気さくに温かく声をかけてくださって、永作さんの屈託のない笑顔が大好きです」と絶賛。また、演じる弘志について「社会的に弱い人間が、多くの壁にぶち当たりながら、いろんな扉を開けていくのを楽しみにしてほしいです」とアピールした。

 “第一印象とは違った共演者”を聞かれた田中は「市原君は体育会系のマッチョで硬派なイメージですが、実は繊細な部分を持っていて、撮影現場で写真を撮っていて、ちらっと見せてもらったら、めちゃくちゃ繊細できれいな写真でした。そんな一面があるんだと思いました」と明かした。

 永作は「市原さんは繊細なんですけど、やっぱりお酒でいろいろやらかしてたりとか、いろんなこともあって、ちゃんと両極端あるなって(笑)」と市原の素顔を暴露。市原は「永作さんと初めてのシーンがデートのシーンで、『こういうの恥ずかしいね』と言っていた永作さんが、超かわいかったです!初日から心持っていかれました!」と告白。永作も「みんなちょっとうっすら笑っていたので、余計に恥ずかしかったですよね。かなり純愛が入っているので、市原さんのファンの皆さんすみません(笑)」と照れ笑い。

 また、市原は「哲司さんと永作さんの芝居の構成の作り方がすばらしくて、先日法廷のシーンが行われて、一観客として上質な舞台を見ているような感覚に陥って、これを見られないのは本当にもったいないなと思うほど、間や目線、呼吸一つ、細かいところまで繊細に描かれていたので、こんな先輩方とご一緒できよかったです」と語った。

 最後にキャストを代表して、永作が「今回のテーマは社会的にもとても重いテーマで、生きていくのがつらい人たちがたくさん出てくる作品です。主人公が沈黙してしまうことから、繊細な表現を求められているところもあり、ゆっくりじっくり見て楽しんでいただきたいです」とメッセージを送った。

『連続ドラマW 沈黙法廷』
WOWOWプライム
9月24日(日)スタート※第1話無料放送
毎週(日)夜10:00~(全5話)

<ストーリー>
高見沢弘志(市原隼人)は、突然消えた恋人を忘れられず、ずっと行方を捜していた。その頃、都内でひとり暮らしをする資産家の老人(北村総一朗)が、絞殺体で発見される。所轄の刑事・伊室真治(杉本哲太)と西村敦子(臼田あさ美)は、隣人の証言などから家事代行業の女・山本美紀(永作博美)に行き着く。伊室らは警視庁捜査一課と合流し、美紀宅に急行するが、一足違いで埼玉県警に彼女の身柄を拘束される。その現場に居合わせた弘志。やっと見つけた彼女は、警察に連れて行かれてしまった。連続殺人犯としてマスコミの報道は過熱する。弘志は、弁護士の矢田部完(田中哲司)と共に、彼女の真実を探るため奔走する。それぞれが抱く美紀の人物像は十人十色。その上、美紀は裁判中に、突然黙秘し、事件は迷走していく。彼女は悪女か―、淑女か―。

原作:佐々木譲『沈黙法廷』(新潮社刊)
監督:村上牧人
脚本:尾崎将也
出演:永作博美、市原隼人、大倉孝二、臼田あさ美、藤本泉、甲本雅裕、金田朋夫、北村総一朗、杉本哲太、田中哲司

番組特設サイト:http://www.wowow.co.jp/dramaw/chinmoku/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える