• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

花江夏樹が浪川大輔の“失神”事件を暴露!『デジモンtri.第5章』大ヒット舞台挨拶

『デジモンアドベンチャー tri. 第5章「共生」 『デジモンアドベンチャー tri.第5章「共生」』の大ヒット御礼舞台あいさつが行われ、声優の花江夏樹、浪川大輔が登壇した。

 本作は、「デジモンアドベンチャー」15周年を記念して製作された、初代「デジモンアドベンチャー」シリーズの続編を全6章で描く最新作。異世界・デジタルワールドへ渡ったあの夏の冒険から6年後を舞台に、高校生になった主人公・八神太一をはじめ、成長した“選ばれし子どもたち”とパートナーデジモンたちの冒険を描く。

 第5章を迎えたことについて花江は、「第5章まであっという間でした。第1章が始まったのがつい最近の感覚だったので、時が経つのは早いですね」とコメント。一方浪川は、「(自身が演じる)西島にとっても非常にアクティブな第5章だったんじゃないかと思います。まさに“トライ”!」と本作のタイトルにかけて、感想を語った。

 本作の見どころについて花江は、「第5章に入ってきて太一のかっこいいシーンが盛りだくさんだなということが印象的です」と自身が演じるキャラクターの見せ場をアピール。浪川は、「来るぞ来るぞと分かっていても(デジモンが)進化した時に盛り上がれるということが、この作品の強さだと思います」と魅力を語った。

 今回が本シリーズの舞台あいさつに初登壇となった浪川だが、浪川がアフレコ時に起こしたある事件について花江が暴露。「第1章で『おい、八神』と呼びかけるシーンのセリフで、台本の表記が“矢神”と間違った表記になっていて、それを浪川さんが『おい、失神(しっしん)』と読んだんです」と撮影秘話を明かし、会場を沸かせた。これに対して浪川は、「場を和ませるために言ったんでしょうね(笑)」と照れ笑い。

 最後に、浪川は「この5章を観た方、そしてまだ観ていない方もいらっしゃると思いますので、ぜひ友達をお誘いの上、また5章もよろしくお願いします」と。花江は「5章まで来てしまったんだなという感慨深い気持ちがあります。皆さんのおかげで4週目も上映することができます。また気になったら何回か劇場に足を運んでいただいて、よりデジモンの世界を楽しんでキャラクターや作品を応援してもらえるとうれしいです」と、会場に呼びかけた。

『デジモンアドベンチャー tri.第5章「共生」』
全国16館にて劇場上映中

キャスト:花江夏樹、坂本千夏 ほか
 
公式サイト:http://digimon-adventure.net/

©本郷あきよし・東映アニメーション

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える