• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

A.B.C-Z 橋本良亮、家入レオが『蜜蜂と遠雷』朗読劇に挑戦!18年1月上演

「『蜜蜂と遠雷』リーディング・オーケストラコンサート~コトダマの音楽会~」「『蜜蜂と遠雷』リーディング・オーケストラコンサート~コトダマの音楽会~」の制作発表が都内で行われ、A.B.C-Zの橋本良亮、家入レオ、ソプラニスタの木村優一、音楽監督を務める千住明、指揮者の澤村杏太朗、ピアニストの川田健太郎、西本夏生が登場した。

 「~コトダマの音楽会~」は、直木賞・本屋大賞を受賞した恩田陸の小説『蜜蜂と遠雷』の朗読劇。千住明によるオリジナル楽曲や、作中のクラシック楽曲をピアノやオーケストラで表現。音楽コンクールを題材に、若きピアニストたちの才能や運命を描いた物語を、歌と朗読などさまざまな芸術で表現する。

 朗読劇は初の挑戦となる橋本は「全然緊張してません…いや、緊張してますよ。(苦笑)動画とか見て勉強した」と。この作品のために千住が書き下ろし、恩田陸が作詞を乗せた「ひかりを聴け」を聴くと、「優しい楽曲。そんな楽曲を歌えるのがうれしい」と語った。

 同じく朗読劇初挑戦の家入は「こういう音楽以外のジャンルに参加させていただくのも今年からなので、ドキドキします」と語り「こんな素晴らしい方々に囲まれてうれしい」と顔をほころばせた。

 音楽監督を務める千住は「いろんなジャンルの人がいて、それぞれのプロが舞台上で交わっていく。継承すべきことや基礎がありつつ、次の個性を伸ばせるものを作っていかなくては」と力強く語った。

 会見の最後に、報道陣から「今年を漢字一文字で表すと?」と聞かれると、橋本が「僕は『五』ですね」と。家入も「私もです!」と声を弾ませ、仲良くハイタッチ。橋本が「A.B.C-Zが(メジャーデビュー)5周年なんですよ」と続けると、またもや家入が「同じです。うれしい!」と再びハイタッチしながら「気が合いますね」と笑顔を見せた。

 公演は、2018年1月5日(金)、6日(土)に東京・Bunkamuraオーチャードホールで、1月27日(土)、28日(日)に大阪・森ノ宮ピロティホールでそれぞれ3公演ずつ行われる。

直木賞・本屋大賞受賞「蜜蜂と遠雷」恩田 陸原作より
「蜜蜂と遠雷」リーディング・オーケストラコンサート~コトダマの音楽会~

原作:恩田 陸 直木賞・本屋大賞受賞「蜜蜂と遠雷」
音楽監督:千住 明
構成台本:モトイキ シゲキ
演出・振付:藤林美沙/元生茂樹

<出演>
橋本良亮(A.B.C-Z) /風間 塵
家入レオ/栄伝亜夜
木村優一/マサル・カルロス・レヴィ・アナトール

高島明石/
1月5日(金)19:00 後日発表
1月6日(土)13:00/18:00 、1月27日(土)15:00/19:00 ビッケブランカ
1月28日(日)13:00 中川晃教

湖月わたる・朴ろ美/ストーリーテラー

管弦楽:
東京フィルハーモニー交響楽団(東京公演)
大阪交響楽団(大阪公演)

指揮者:澤村杏太朗
ピアノ:川田健太郎/西本夏生

公式ホームページ:http://reading-mitsubachitoenrai.com/

主催:「蜜蜂と遠雷」リーディングオーケストラコンサート製作実行委員会(東京、大阪)
公益財団法人東京フィルハーモニー交響楽団(東京)
企画協力:幻冬舎(東京、大阪)
制作協力:オレガ(東京、大阪)
後援:株式会社東急ホテルズ(東京)

■東京公演
2018年1月5日(金)18:15開場/19:00開演
2018年1月6日(土)12:15開場/13:00開演
2018年1月6日(土)17:15開場/18:00開演

会場:Bunkamuraオーチャードホール(東京都渋谷区道玄坂2-24-1)

料金(税込):S席/8,500円 A席/5,000円

■大阪公演
2018年1月27日(土)14:30開場/15:00開演
2018年1月27日(土)18:30開場/19:00開演
2018年1月28日(日)12:30開場/13:00開演

会場:森ノ宮ピロティホール(大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1丁目17-5 )

料金(全席指定・税込):S席/8,500円

チケット一般発売日:12月16日(土)10:00~

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える