• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

永尾まりやが激しい濡れ場に挑戦!dTVオリジナルドラマ「不能犯」配信開始

dTVオリジナルドラマ「不能犯」 dTVオリジナルドラマ「不能犯」が映像配信サービス「dTV」で12月22日(金)から配信スタート。第1話で、幸せの絶頂から転落するOLを演じ、人生初の激しい濡れ場にも挑戦した永尾まりやが、撮影エピソードなどを語った。

◆今回体当たりな役柄でしたが、話が来た時にはどう思いましたか?

お話を頂いた時は、不安だったんですが、作品に出られてうれしかったという気持ちの方が大きかったです。あとベッドシーンはどこまでやるのかが気になったんですけど、監督から際どいシーンを聞いたとき「私、やります!」って言いました(笑)。

◆それは別に嫌ではなかったということですか?

でも、嫌ではないと言ったらどんどんハードル上がっていきそうですよね?(笑)
どんな演技をしたらいいのか、そういう所を逐一監督と話しながら演じていました。
私は二人の方とのベッドシーンがあったんですが、相手の森岡豊さんは初めてのベッドシーンだったらしくて、私もそういうシーンは初めてだったんですけど、演技中はちゃんとリードしてくださったので、助かりました。最初は「俺初めてなんだよねー、大丈夫かなぁ」っておっしゃってて(笑)

◆永尾さんがリードしてたらちょっとビックリですよね?

ヤバいじゃないですか、あたしがリードしてたら!(笑)どんな奴だっていう(笑)

◆松坂さんとは現場でどんな話をされたんですか?

撮影で使った過去に出演していたAVのパッケージを見て松坂さんが「これ撮ったんですか?(笑)」みたいなことがあって。いや~ホント嫌でしたね…(笑)。それこそ設定では整形前なので、敢えてちょっとブスに撮ったんですよ。だからあまり見ないでほしいなっていう(笑)。
ちょっとリアルなんですよあれ。めちゃめちゃブスってわけでもないから本当に恥ずかしいなぁ…。

◆今年は振り返ってみてどんな一年でしたか?

AKB48っていう名前がなくなって、やっぱり今までそれに頼っていたんだなって感じる部分は多々あった一年でしたね。例えば私のことを全然知らない方がいて、「何やってたの、これまで?」って聞かれた時に、AKBの名前を出した方が早いんですけど、出さずに試したい自分もいて。私は選抜組ではなかったので、知らない人も多いんですけど、その時に言うか言わないかは迷いますね。

◆来年はどんな一年にしたいですか?

来年は、AKB辞めて次跳ねるときのための準備って私は考えているんですけど、事務所の方は「何言ってんの、早く上がれー!今躍進するときなんだよ!」って思ってると思うんですよね(笑)。

◆次に挑戦してみたい役とかはありますか?

コメディとかやりたいですね。あまり私ってコメディのイメージの印象無いと思うんですよ。でも実はお笑いとかコメディとかスゴイ好きで。特に新喜劇とかああいう大阪の笑いが好きです。忙しくてあまり見には行けていないけど、DVDとかでよく観ています。

◆最後にファンの方にメッセージをお願い致します。

ベッドシーンももちろん見どころではありますけど、騙す人とか哀しい運命の人とか、恐いもの見たさじゃないですけど、いろんな人たちの人間模様をしっかり見てほしいと思います!

dTVオリジナルドラマ「不能犯」
2017年12月22日(金)配信開始

出演者:松坂桃李、沢尻エリカ、松澤匠 タイチ(新日本プロレス) 松本享恭 / 水上剣星 他

第1話出演者:永尾まりや 鈴之助 森岡豊 他

<第1話ストーリー>
エリートサラリーマンとの婚約が決まった幸せ絶頂のOL(永尾まりや)。その幸せを無くしたくない彼女は、AV出演という過去をひた隠しにしていた。その過去がひょんなことからバレたことで脅され始め、そこから彼女の悲劇が始まる。彼女は謎の殺し屋・宇相吹正(松坂桃李)に殺しの依頼をするが…。

主題歌:GLIM SPANKY「愚か者たち」(UNIVERSAL MUSIC)

特集サイト:http://video.dmkt-sp.jp/ft/s0005109

©宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会
©2017 dTV

映画『不能犯』
2018年2月1日(木)全国公開

監督:白石晃士
出演者:松坂桃李、沢尻エリカ、新田真剣佑、間宮祥太朗、テット・ワダ、菅谷哲也、岡崎紗絵、真野恵里菜
忍成修吾、水上剣星、水上京香、今野浩喜、堀田茜、芦名星、矢田亜希子、安田顕、小林稔侍

主題歌:GLIM SPANKY「愚か者たち」(UNIVERSAL MUSIC)

公式HP:funohan.jp

<ストーリー>
都会のど真ん中で、次々と起きる変死事件。現場では、必ず黒スーツの男が目撃される。男の名は宇相吹正(松坂桃李)。電話ボックスに殺人依頼を残すと、願いを叶えてくれる男だ。ただし、依頼人の殺意が純粋でないと、恐ろしい事態を招くという。さらに、宇相吹は全てのターゲットを、一瞬の迷いもなく確実に殺すのだが、その死因は病死や自殺、事故に見えるため、絶対に捕まることはない。そう、彼は〈不能犯〉なのだ。「必ず宇相吹を止める」と熱い正義に燃える多田友子刑事(沢尻エリカ)と部下の百々瀬(新田真剣佑)。捜査の過程で、多田だけが唯一、宇相吹が支配することが出来ない相手だと判明するー。やがて日本中を震撼させた連続爆破事件と宇相吹の事件が繋がり、壮大な事件へと発展していくー。果たして多田は宇相吹を止められるのか?そして宇相吹の真の目的とはー。

©宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える