• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

赤井沙希が鬼ギレ話を披露「“今、ヤルけ?”って思った」

『必殺!バカリズム地獄』 無料インターネットテレビ局・AbemaTVの「AbemaSPECIALチャンネル」で、『必殺!バカリズム地獄』♯35が、2月2日に放送された。

 この番組は“ヤンキー鬼”に扮したバカリズムが、さまざまな女性たちが経験した“鬼ギレ”エピソードを吟味していく1時間のレギュラー番組。

 2月2日は、ゲストにタレントの相沢まき、團遥香、赤井沙希、グラビアアイドルの久松かおりが登場した。

 ゲストに“鬼ギレ”したエピソードを聞いていく、プロレスラーとしても活躍する赤井は「私、元々モデルをやっていまして、モデルの仕事で、レセプションに呼ばれたので、ごあいさつをしていたら、ある1人のモデルさんが、『赤井沙希さん、プロレスされているんですよね?』って近寄ってきて、(その子は)見るからに、元ヤンな感じがしたんです。そしたら、『私も、プロレスやりたい。プロレス楽しそう!』とか言い出して、『練習生から始めて、デビューに向けて頑張ってね』って言ったら、『赤井さんのことも、ボコれるんですよね?ボコりたい!』って言って。私は、リングの下では淑女でいたいから我慢していたけど、『今、ヤルけ?』って思った。(その子は)けんかを売りたかったのかな…。なめとると思って、血が沸騰して(手に持っていた)シャンパンが震えました」と怒りをあらわに。バカリズムは「そいつ、すごいですね!でも(赤井さんは)格闘家だからは、手は出せないですもんね…」と、驚きながらも赤井に同情した。

 團は「昨年、グラビアとはちょっと違うんですけど、ちょっとお色気な雑誌の表紙をやりまして。今まで、そういう仕事は全くやっていなくて、初めてやったから、『グラビアみたいなのやるんだ!』って、みんなが驚いて。『見たよ!』とか、周りの男性スタッフさんとかが言ってきたんですけど、その中で、ある偉いディレクターの方が、『お前さ、あれ(雑誌)見たんだけど、そんなに胸を出したかったんか?』って、言ってきたんですよ。『いや、私、仕事だし!胸を披露したかったわけじゃないし!』と思って、イラっとしました」と“鬼ギレ”エピソードを披露。

 バカリズムは「それは失礼ですね。今後の参考にさせていただきたいんですけど、そういう場合って、言う言葉として、何が正解なんですか?」と質問。團は「見たのに言われないのも…。『あれ見たよ!よかったじゃん』が一番良いです」と答えた。

 久松は「この前、結婚式に行ったんですけど、私の名前がなかった!」と切り出し「しかもそれが、人生初めて(出席した)の結婚式だったんですよ。すごく仲の良い従兄弟の結婚式で、わざわざ東京から大阪に行ったのに、私の名前がなくて…。相手側の親戚が、『あれ?いる。どうしよう。披露宴の時のご飯あるかな』みたいな、私も気付くくらいの焦り具合。結局それは、私のお姉ちゃんに『私、行く』って伝えていたのに、来ないものだと勝手に思われていた。すごく幸せな席だけど、めっちゃイライラした」と“鬼ギレ”エピソードを披露。バカリズムは「うわ!呼ばれてないのに、来たやつだ。それ面白いな」と笑った。

 相沢は「仕事で唯一なんですけど、お蔵入りさせたことがあって。2回で完結のロケで、1回目は都内を回るロケで、2回目は泊まりのロケだったんです。その時のディレクターさんが、ちょっとチャラい感じの方で、移動中も世間話をする人で、泊まりロケの前に、『僕、実は昔、タレントさんと泊まりのロケで、その人とキスしたことがあってさ』って言ってきたんです。気持ち悪いなと思って…。しかも、その(泊まりの)ロケにはマネージャーさんがいないのが分かっていた。あんまり好きな感じじゃないなと思いながらも、ロケはロケで頑張って。その日、今日のロケの打ち上げがあって、あまり長居をしたくないので、途中でマネージャーさんに、私に電話してもらって、『すいません。私、明日早くて、なのでまた次のロケでお願いします』って言ったら、(ディレクターさんが)『はあ?まだ(打ち上げ)やっているのに帰るの?そんなんだから、売れないんだよ。お前ムカつくんだよ』って言われた」と激白。その日、相沢は泣きながら帰ったと“鬼ギレ”エピソードを明かした。

AbemaTV『必殺!バカリズム地獄』♯35
放送日時:2月2日(金)後9時~10時
放送チャンネル:AbemaSPECIALチャンネル

放送URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/9XBk5WSwe6PWqm

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える