• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

宮部みゆき×怪物×VFXの異色作『スペシャルドラマ「荒神」』2・17放送

荒神

『スーパープレミアム スペシャルドラマ「荒神(こうじん)」』(BSプレミアム)が2月17日(土)に放送。先月行われた試写会見には主演の内田有紀をはじめ、平岳大、平岡祐太、柳沢慎吾、大地康雄が登壇した。

 本作は宮部みゆきの同名時代小説を原作に、怪物と人間たちの死闘を最新のVFXを駆使して描くエンターテインメント時代劇。主人公の朱音を内田、朱音の兄・曽谷弾正を平、浪人の榊田宗栄を平岡、絵師の菊池圓秀を柳沢、鉄砲撃ちの源一を大地が演じる。

 完成した作品を見た内田は「こんなになめらかに動くCGが時代劇の中に入っているのがすごく不思議で、最初はびっくりしました。でも、時代劇とCGというのはすごく新しくて、これからもこういう作品が出てきたら面白いだろうなと思いました」と感想を語った。

 朱音という自身が演じるキャラクターについては「すごく尊敬できる素晴らしい女性。いろんな宿命に抗いながら、でも抗えず。それを全うして生きる女性を演じることはとても光栄でしたし、この役を与えていただけたことが本当にうれしかったので、朱音という女性をきちんと全うしなければという思いで演じました」と思いを語った。

 撮影時はVFXで描かれる怪物の完成形の想像ができず苦労したという出演者たち。内田は「まだまだCGとお芝居するのは大変なことだと痛感しましたし、これから私たち役者がCGの中でお芝居することも増えていくんじゃないかなって。私の中ではすごく挑戦になったお仕事でした」と撮影を振り返った。

 そんな中、平から「(柳沢)慎吾さんとの無駄話が撮影の思い出」と向けられた柳沢は、「話すのが好きなので、常にキャストの皆さんとは思いっきりトークして。なぜか本番ですごい疲れているんですよ。その疲れている雰囲気がこの映像にいい感じに出ているんじゃないですか!?」とハイテンション。さらに「大地さんは衣装のまま撮影所から家まで帰っちゃう。ピンポーンってお家に帰ったら、奥さんが『キャーッて』驚いちゃって!」と共演者のエピソードを次々と暴露した。

 そんな柳沢に大地は「現場でもこの調子ですから、シリアスなシーンとの切り替えが大変で。なるべく慎吾さんとしゃべらないようにしていました(笑)。後半はほとんど口も聞かないような感じで」と語り、報道陣を笑わせた。

『スーパープレミアム スペシャルドラマ「荒神」』(BSプレミアム)は、2月17日(土)後9時から放送。

『スーパープレミアム スペシャルドラマ「荒神」』
2月17日(土) BSプレミアム 後9・00~10・50

<あらすじ>
朱音(内田)の住む村に、怪物に襲われて傷だらけになった少年が逃げてくる。朱音は浪人・榊田宗栄(平岡)、絵師・菊地圓秀(柳沢)と共に、村を守るため、知恵と勇気を振り絞って怪物との戦いに挑んでいく。いっぽう、朱音の兄で藩の重臣・曽谷弾正(平)は、怪物を自ら操ろうと企んでいた。やがて、怪物誕生の意外な真相が明らかになる。

<STAFF&CAST>
原作:宮部みゆき
脚本:山岡潤平
音楽:羽岡佳
制作統括:加賀田透、櫻井壮一
演出:松浦善之助
出演:内田有紀、平岳大、平岡祐太、柳沢慎吾、前田亜季、前川泰之、中本賢、角替和枝/中原丈雄、品川 徹、田中要次、加藤雅也、柴俊夫、大地康雄ほか

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える