• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

SKE48・須田亜香里「今日まで来れたことがとっても幸せ」『春のファン祭り』夜公演

「SKE48 単独コンサート 10周年突入 春のファン祭り!~友達100人できるかな?~」「SKE48 単独コンサート 10周年突入 春のファン祭り!~友達100人できるかな?~」が名古屋市・日本ガイシホールで開催された。

 夜公演では、overture が終わると、少しずつメンバーが現れ始め、グループごとのダンスがスタート。メンバー全員がそろったところでSKE48のダンスナンバー「Escape」(高木由麻奈ver.)が始まり、「青空片想い」「賛成カワイイ」とおなじみのナンバーで会場を盛り上げた。

 ユニットブロックでは、須田亜香里がセンター曲「奇跡は間に合わない」で得意の軟体芸を披露。小畑優奈がセンターの「思い出以上」と激しいダンスで、会場を沸かせた。

 ユニットブロックが終わると、1期生の松井珠理奈が率いる珠理奈軍と、キャプテンの斉藤真木子率いる真木子軍に分かれ、ダンスバトルを開始。斉藤がセンターで「Darkness」をクールに決めると、対する珠理奈は「赤いピンフィールとプロフェッサー」を披露。お互い一歩も譲らない気合の入ったパフォーマンスを見せた。

 バトル終了後、斉藤が「まだまだ珠理奈さん、SKE48にいてください」と言うと、珠理奈が「泣いていいですか?」と応え、会場から大きな歓声が上がった。

 須田は「SKE48はダンスがウリだったのに、姉妹グループが増えて、自分たちと言えば…を見失いがちだったけど、本当に自分たちの記憶力と体の限界を超えながら、今日まで来れたことがとっても幸せで、すごく充実してました。こんなに、ステージでもメンバーの笑顔が輝いているのって、なかなかないんじゃないかなって思います。いつ入ったとか関係なく、今のSKE48を引っ張るんだという自覚を自分たちで持ち、皆さんからの応援もあるからこそ生み出せたんじゃないかと本当に感謝しています」とあいさつした。

 アンコールでは、高柳明音が「今日はあるゲストを呼んでいます」というと、出演したSKE48メンバー65人にちなんだ、65本の薔薇の花束を持って大村秀章愛知県知事が登場。大村知事は「6月16日、ナゴヤドームで、AKB48 世界選抜総選挙が行われます。皆さん、(SKE48メンバーを)全員上位にしてほしい」とファンに呼びかけると、会場から大きな歓声と拍手が起こった。

 続いて、湯浅洋SKE48劇場支配人がステージに登場。「AKB48 世界選抜総選挙がナゴヤドームで開催されることを喜んでおります。ありがとうございます。SKE48がこんなにも愛されてるということに感謝しますし、これからも応援してよかったと思えるグループを作っていきたいと思います」とコメントした。

 その後、サプライズ昇格発表を行い、大芝りんか、岡田美紅、倉島杏実、坂本真凛、白雪希明、仲村和泉、野々垣美希の7名のサプライズ昇格が発表された。

<昇格メンバーコメント>
【チームS】
■岡田美紅(おかだ・みく)/8期生・20歳
私はチームEのアンダーのみしか出られてなかったんですけど、チームSのダンスを早く覚えて、先に昇格した同期に追いつけるようにがんばりたいと思います。先輩たちに追いつく気持ちで、一生懸命SKE48にすべてをささげて、これからもがんばっていきたいです。

■坂本真凛(さかもと・まりん)/8期生・16歳
チームSには以前から出演させていただいて、先輩がダンスをすごく丁寧に教えてくださるので、迷惑をかけているんじゃないかって思っていました。今回、チームSは若いメンバーも多いので、下の期から盛り上げていきたいと思います。

■仲村和泉(なかむら・いずみ)/8期生・18歳
ちょっと前に同期の何人かが先に昇格して、それがずっとくやしくて、負けたくなくてがんばっていたんですけど、こ
れからチームSでもっともっとがんばって、先に昇格したメンバーに追いついて、追い越せるようになりたいです。

【チームKII】
■大芝りんか(おおしば・りんか)/8期生・16歳
ホントにできなくて、毎日どうしようと悩む日々でした。(先月行った)地元のさいたまスーパーアリーナで「昇格して立ちたいです」と話したので、さいたまスーパーアリーナにまた立ちたい。がんばります。

【チームE】
■倉島杏実(くらしま・あみ)/8期生・12歳
ホントにSKE48が大好きで、同期の昇格がつらかったです。研究生の中でどれだけいいパフォーマンスを見せられるかがんばってきて、やっと昇格させていただけてうれしい。悔いのないようにSKE48らしさ全開でいきたいと思います。

■白雪希明(しらゆき・こはく)/8期生・19歳
本当に自信がなくて、昇格することは絶対無理だと思っていました。昇格をさせていただいたからには、早くなじんで素敵なチームの一員になれるようにがんばりたいと思います。

■野々垣美希(ののがき・みき)/8期生・18歳
チームE公演にはよく出させていただいてたんですけど、ダンスがへたくそで、先輩の中にいると、浮いていると思っていました。これからもっと上達していい意味で目立てるようにがんばります。

©AKS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える