• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

岡田准一は“V6の木琴担当”!?グラス演奏に「緊張したー!」

V6の岡田准一 V6の岡田准一が、5月10日(木)に都内で行われた「明治ブルガリアヨーグルト2018『ヨーグルトの日』記念イベント」に出席した。

 2014年から「ブルガリアヨーグルト大使」を務め、毎年5月15日の「ヨーグルトの日」の普及活動に取り組んできた岡田。この日のイベントでは就任5年目を記念し、通常のブルガリアヨーグルト約1000個分に相当するビッグパッケージの「明治ブルガリアヨーグルト オカダ版」が贈呈された。岡田は「昔から知っているパッケージに自分の名前が入っていてうれしいです」と喜びをあらわにした。

 今年で45周年を迎えるロングセラー商品として愛され続けている「明治ブルガリアヨーグルト」。岡田は「子供のころから家の冷蔵庫にブルガリアヨーグルトが常備されていて、普段から何気なく食べていました」と振り返り、「大人になっておいしいだけじゃなく健康にいいと分かってからは、意図的に食べるようになりました」と。

 さらにイベントでは、「グラス・グロッケン」と呼ばれる演奏方法で「明治ブルガリアヨーグルト」のCMでおなじみのサウンドロゴの演奏に挑戦。水を入れたグラスを木のスティックで叩いて音を奏でるもので、岡田は「V6の木琴担当です(笑)」とボケをかましながら、見事な音色と歌を披露。「小学校で木琴をやっていたんですが、発表会以来です(笑)。緊張したー!無事にチャレンジに成功してよかったです」と安堵の表情を浮かべた。

 明治では、5月11日(金)~13日(日)にJPタワー・KITTE1階アトリウム/南側テラスにて、一般参加型イベント「明治ブルガリアヨーグルトpresents ヨーグルトパーク」を開催。「明治ブルガリアヨーグルト」のビッグパッケージの中に入って写真が撮れる「フォトスポット」や、「明治ブルガリアヨーグルト」に自分の名前と写真を入れて世界に1つだけのオリジナルパッケージが作れる「マイパッケージメーカー」などが体験できる。岡田は「母の日も近いので、ぜひご家族そろって一緒に遊びに来てください」とアピールしていた。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える